会話中にイラっとすることがあっても、その場で声を荒げたり怒ったりする人は少ないはず。

黙り込んだり、それ以降あまり話さなくなったりすることのほうが多いかもしれませんね。

気になる男性や彼氏との会話を思い出してみて、彼に当てはまることはないでしょうか。

今回は、男性をイラっとさせる女性の言動をご紹介します。

無意識にやってるかも!男性をイラっとさせる言動って…?

なんでも否定から入る

「なにを言っても、『でも……』と否定から入る女性は苦手です。話しかけたくなくなります。楽しくないもん」(25歳男性/不動産)

否定しているつもりでなくても、「でも」という言葉には否定のニュアンスを感じさせることも。

なにを言っても否定されていては、楽しい会話はできないでしょう。

今後話をするときには、「でも」や「だって」などを使わないよう意識してみてくださいね。

頼んでいない気遣い

「話を聞いてくれるのはうれしいけど、『もっとこうしたら?』『それはダメだよ』とアドバイスされるとイラッとする。こちらからアドバイスを求めないかぎりは放っておいてほしい。

それと『明日の朝仕事早いんだよね』と言ったら、頼んでもいないのに翌朝モーニングコールをしてきた女の子もいましたね。ありがた迷惑だなあと思いました」(32歳男性/広告)

気遣いをしたつもりでも、彼にとっては余計なお世話……なんてこともあるようです。

勝手なアドバイスや頼まれていないモーニングコールにはうんざりするという男性も。

どんなことでも、基本的にはお願いされるまでやらないほうがいいのかもしれません。

間違いを指摘

「ドライブ中に道を間違えたら、彼女が『あそこで曲がればよかったのに』とぼそっと言っていて……。そこからのデートは最悪でしたね。あんまり記憶もないです」(27歳男性/製造)

完ぺきな人はいないので、誰しも間違いをすることはあるはず。

しかしそのたびになにかを言われると、責められているように感じる男性もいるよう。

「~だったら」や「~のに」などの言葉は極力使わないようにしましょう。

ほかの男性の話をする

「好きな人には、ほかの男の話題は出してほしくないです。嫉妬させようとしてるのかもしれないけど、普通に逆効果ですからね」(29歳男性/通信)

嫉妬させたかったり、変わってほしかったりするときに、ほかの男性の話題を出す方はいませんか?

男性の多くは、ほかの男性と比べられることをいやがるようです。

そんなつもりなく言ったことでもイラっとさせてしまうかもしれないので、気を付けましょう。

相手がどう思うかを考えよう

相手に心を許し始めると、そんなつもりがなくてもイラっとさせてしまうことがあるようです。

「自分がされていやなことはしない」というのを、徹底してみてはいかがでしょうか。

ささいなケンカやすれ違いを回避できるはずですよ。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)