誰かのことを本気で好きになるのは、とても素敵なことでしょう。

しかし好きになりすぎるあまり、相手にのめり込んでしまうのは問題があります。

男性に依存した生活になってしまうと、相手から都合のいい女性として利用されるなんてことがあるかもしれません。

そんな状況は絶対に避けたいですよね。

今回は、男性に「依存しがちな女性」の特徴をご紹介します。

あなたは大丈夫?男性に「依存しがちな女性」の特徴4つ

1.周りの声が聞こえない

もしもあなたがいい恋愛をしていないように見えたら、心配になって声をかけてくれる人もいるでしょう。

でも周囲の意見にいっさい聞こうとせず、自分の思いだけを貫こうとする女性は注意が必要です。

のめり込むのは悪いことではないですが、冷静さも持っておくようにしないと男性の都合のいいように利用されてしまうかもしれません。

せめて信頼している友人の意見には耳を傾けるようにしましょう。

2.相手の言いなりになる

好きだからといって、なんでも男性の言いなりになってしまうと、常にあなたが我慢をすることになるでしょう。

その状態に不満を抱いているうちはいいですが、すべて受け入れて当たり前に感じ出してしまうと危険です。

不満も文句も何も言ってこないのであれば、男性は好き勝手にやりたい放題に動き始めるかもしれません。

ずっと受け身でいるのではなくお互いに意見を言い合える関係性になれると、しっかりと絆を深めていけますよ。

3.恋愛がすべてになっている

そもそもが恋愛体質である女性は、男性に溺れてしまいやすい傾向があります。

恋愛がすべてになりやすかったりする女性は、自分でダメだと薄っすらと感じていてもそこから抜け出せなくなることがあるのかもしれません。

恋愛だけではなくほかにも夢中になれるものを持っている女性のほうが、男性から魅力的だと思われるでしょう。

恋愛中心の生活になると、素敵な恋愛をするのが難しくなりそうです。

4.相手に尽くそうとする

尽くしたり世話を焼いたりといった行動については、やりすぎは禁物です。

なんでもかんでもやってあげてしまうのは、男性を変に図に乗らせるようなことになるだけかもしれません。

また「彼には私がいなきゃ」なんて、だんだん自分の都合のいいように考え始めるパターンもあります。

尽くすことだけが愛情ではありません。

それだけは履き違えないようにしないと、自分でも気づかないうちに依存してしまう可能性が高いです。

あなたが悲しい思いをしないために

恋愛にのめり込んで溺れやすい女性は、まずは冷静な面もちゃんと持つことを意識しましょう。

「好き」だけで突っ走ってしまうと、悲しい思いをすることにもなりかねません。

幸せな恋愛をできるようにしましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)