今や、スマホやSNSは日常生活に欠かせないものになっています。

使い方によっては、男性をうんざりさせていることもあるよう。

今回は、男性がドン引きする「SNSの使い方」をご紹介します。

当てはまるところはないか、チェックしてみてくださいね。

非モテどころじゃない!男性がドン引きする「SNSの使い方」

プライバシーへの配慮がない

「彼女は普段から『かわいい子が好き』『私の友だちは美人しかいない』と、同性のルックスにすごくこだわる子なんです。なかでも、彼女が仲良くしてる子は、本当にかわいくて芸能人のよう。

なんで知ってるかというと、その子がLINEのアイコンを変えるたびに、彼女が僕にまで「ほら見てかわいい!」と見せてくるから……。

『でも前髪ないほうがかわいいよね』なんて彼女は言ってますが、知らない男に勝手に顔写真見せられて、影でなんか言われてるなんて、その子がかわいそうだなと思います」(24歳男性/IT)

いくらSNSに載っているものでも、その人のプライバシーを尊重できるといいですね。

勝手に話題に出して、本人を知らない人になんでも見せるのはNG。

あなたのつながりはあなたのつながり、彼のつながりは彼のつながりと区別して考えるようにしましょう。

勝手に投稿

「彼女が、SNSでめちゃくちゃのろけてるんですよ。デートの出来事や僕が言ったことは絶対書くし、『いつ撮ったの?』と思うような僕の写真がインスタに載っていることもあります。

食べたものの写真にも僕の手が映り込んでいるような、『匂わせ投稿』もしているみたい。いっぱい「いいね!」がついて彼女はうれしそうだけど、デート中なにをしててもSNSのために見えるし、そもそも知らない人に自分のことを晒されたくないんだよなあ」(26歳男性/商社)

デート内容や会話をあけすけに投稿したり、撮った写真を勝手にのせたりするのはやめてほしいという男性も。

本命じゃないからみんなに見てほしくないわけではなく、なんでも公開されていることに違和感を覚えるのだとか。

SNSのためのデートなのかと思われることもあるようなので、思い出は2人だけのものにするのがいいかもしれませんね。

仮に投稿するにしても、事前に載せていいかを確認するようにしましょう。

仕事にまつわる話

仕事にまつわる話

「僕の彼女はフリーで仕事をしているんです。SNSもこまめに更新しているんだけど、気になることがあって……。

仕事で行く有名企業を「○○会社なう」「いい仕事できそう♡」など、写真つきで投稿するんです。忙しいとか、大企業から仕事を受けてるとかのアピールみたいですが、守秘義務ってありますよね。

彼女がそこにいることを知られちゃいけないこともあると思う。いつか訴えられるんじゃないかと不安です」(27歳男性/音楽)

とくに社会人の男性は、会社のコンプライアンスや守秘義務に関する投稿を心配することが多いようです。

フリーにの仕事でなくても、取引先や社内の内容を愚痴や宝庫億として投稿するのは絶対にNG。

問題によっては、裁判沙汰になることも。

仕事の話をするにしても、社名や個人の名前が特定されないよう注意してくださいね。

見てる方がハラハラするかも

自己満足とはいえ世界中、あるいは狭くても世の中に向けて発信していることを忘れずにいましょう。

つい自慢したくなることもあるかもしれませんが、たった一つの投稿で人生が変わることも。

気軽に使えるものだからこそ、使い方には改めて気を付けるようにしてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)