好きな人をただ好きでいただけなのに、気付けば都合のいい女に……なんてことは避けたいですよね。

しかし彼に夢中になると、冷静さを忘れがちに。

今回は、好きな人の「都合のいい女」にならない方法をご紹介します。

一度都合のいい女になると、そこから本命になるのは難しいでしょう。

ぜひチェックしてみてくださいね。

傷つかないように…好きな人の「都合のいい女」にならない方法

追いかけすぎない

都合のいい女にならないためにと、好意をまったく出してはいけないわけではありません。

アプローチをしなければ、うまくいく可能性も低くなります。

とはいえ、あからさまに好意をアピールするのは都合のいい女認定されやすくなるのも事実。

あなたの好意を示しつつも、追いかけすぎないことを意識しましょう。

追いかけられると、安心感を覚える男性が多いのだとか。

適度な距離感を保てるといいかもしれませんね。

突然の呼び出しに応じない

都合のいい女になりたくないのなら、突然のお誘いには乗らないようにしましょう。

ここで会うか会わないかが、本命になれるかどうかの分かれ道だといっても過言ではありません。

夜の飛び出しはもちろん、「今家の近くにいるんだけど」なんて言われて部屋にあげるのもNG。

彼から誘われるとうれしく感じるかもしれませんが、それに応じていては都合のいい女一直線でしょう。

2人の関係について聞く

2人の関係について聞く

思いきって、付き合う気があるのかないのかを聞いてみるのもいいかもしれません。

そこで濁したり、ごまかしたりする男性とは付き合えないと思いましょう。

ハッキリしてくれないときには、離れてみるのも一つの選択肢です。

あなたの存在の大きさに気付いた彼が戻ってくるかもしれないし、さらにいい出会いがあるかもしれません。

未来の幸せのためにも、勇気を出してみてはいかがでしょうか。

自分を守れるのは自分だけ!

都合のいい女になると、あなたの自尊心が下がるだけでなく、今後の人生にも支障をきたすことになるかもしれませんよ。

今がよくても、未来のあなたは後悔しているかも。

このままでいいのかよく考えて、今なにをすべきかを見つめ直してみましょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)