なんとなく苦手……。

男性に一度そう思われると、恋のチャンスを逃しがち。

でも、どんな女性がそんなふうに思われてしまうのでしょうか?

今回は、男性が「無意識に避ける」女性についてご紹介します。

生理的にムリ…男性が「無意識に避ける」女性とは?

清潔感に欠ける

「どんなにいい子でも、いつも髪の毛がベタベタとか、靴が履きつぶされているとか、清潔感に欠けると気になってしまいます。
まあ男にも言えることだけどね」(30歳男性/介護士)

オシャレは、一度したら終わりというわけではありません。

服はいつかくたびれるし、履きつぶしたのヨレヨレな靴を履いていては清潔感のない印象を与えてしまうでしょう。

やはり性格など内面を見てもらう前に、清潔感でNGを食らってはもったいないです。

身なりを通して、普段の暮らしを想像している男性もいるようですから、清潔感は欠かさないようにしたいものですね。

匂いが強すぎる

「僕はキツめの香水の匂いが苦手です。
ふわっと香るくらいならいいけど、やっぱりつけ過ぎはよくないんじゃないかな。
ヘアコロンとか柔らかい香りなら、ちょうどいいと思う」(21歳男性/飲食)

匂いは、その人の印象を左右します。

そのため香水を用いる女性も多いでしょう。

ただ、それらのつけ過ぎはNG。

また最近は、匂いの強い柔軟剤もあるので要注意。

匂いは、周りの人からは指摘しづらいポイントなので、定期的に親しい友人に確認を取るといいでしょう。

TPOに配慮がない

TPOに配慮がない

「静かな場所で、ギャハハって笑っている子とか、先輩に敬語を使えない子はなんとなく無理です。
やっぱりその場や、目の前の相手によって適切な対応ができる人のほうが、安心してお付き合いできますね」(31歳男性/弁護士)

ある程度の年齢を重ねると、TPOへの配慮が重視される傾向があります。

これは恋愛においても同様で、その場にそぐわない言動を取ると白い目で見られることもあるようです。

やはり基本的な挨拶や敬語は、身に着けておきたいところ。

またその場にあった声量や言葉選びができるといいですね。

ムダ毛処理が甘い

「大変だとは思うんだけど、やっぱりムダ毛処理が甘いと気になっちゃう。
鼻の下とか、指の毛はとくに目が行きますね」(27歳男性/看護士)

どんなにジェンダーレスな時代といっても、女性のツルスベ肌に夢を見ている男性は多いようです。

これは露出の増える夏だけでなく、寒い季節も同様。

腕をまくった瞬間など、ふとした瞬間に見られているかもしれません。

細心の注意を払いましょう。

一度「苦手意識」を持たれると…

付き合う前の時期は、とってもデリケート。

一度「この子ナシだな……」と思われると、挽回が難しいことも多いです。

とくに今回ご紹介したポイントは、苦手意識を持たれやすいポイントがほとんど。

これらを避けて、恋のチャンスをさらに広げていきましょう。

(東城ゆず/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)