いい感じだと思っていたのに、なぜかいつも友達どまりで関係が終わってしまう……。

もしかしたら、なにか原因があるかもしれません。

今回は、「友達止まり」で終わる理由を3つご紹介します。

原因はコレだった…!「友達止まり」で終わる理由3つ

いつ誘っても来てくれる

「いつ誘っても断らない子は、こちらの都合ばかり押しつけてるみたいな気持ちになるから、結局恋人にはなれない気がします。
俺以外との予定ないの?ってちょっと不安になりますね」(27歳男性/飲食)

大好きな彼からの誘いは、絶対断らない!と考えている人もいるでしょう。

「彼が誘ってくる可能性がある土日は絶対にあけている」なんて人もいるかもしれませんね。

会いたい気持ちはわかりますが、いつ誘っても断られないと、軽い女性に見られるリスクもあります。

心苦しいかもしれませんが、ときにはわざと断って、後日自分から誘ってみるのも効果的。

ただの都合のいい女に見られないよう、ちょっとした駆け引きも必要です。

口癖が「なんでもいい」

「食べたいもの、行きたい場所、したいこと、なにを聞いても『なんでもいいよ』と言う子は、ちょっと無理です。
一生俺が計画たてなきゃいけないってこと?って思ったら、疲れちゃう」(25歳男性/スポーツインストラクター)

緊張していたり、素の自分を出すのがまだ怖かったりして、問いかけにちゃんと答えられないこともあるはず。

最初のうちは仕方がないかもしれまんし、男性も「俺がリードしよう」と燃えるかもしれません。

しかし、いつまでも自分の意見を言ってくれない女性とは、恋愛に発展しにくいと考える男性も。

「自分の意見を言ったら嫌われる」と思っている女性は多いかもしれませんが、実際はその逆のようです。

長いお付き合いを考えると、自分の意見が言えない人との交際はしんどくなってしまうはず。

もし、どう答えていいかわからない場合は、せめていま思っていることを素直に伝えてみましょう。

「いまはお腹空いてないの」「ゆっくりお茶でもしたい」などでOKです。

一気に答えにたどり着けなくても、ヒントになるリアクションをしてみてくださいね。

自虐ネタを連発する

自虐ネタを連発する

「飲み会を盛り上げようとしてくれるのは嬉しいけど、やたら自分のコンプレックスネタで笑いを取ろうとする子は、ちょっと……。
友達としては楽しいけど、恋人となるとなんか違うかもって思います」(26歳男性/医療事務)

慣れない男性とのトークで笑いをとろうとして、つい自虐ネタを言ってしまう女性は意外と多いはず。

じつは女性が言う自虐ネタは、男性からすれば「どうリアクションをとっていいか分からない」と困る人も多いようです。

無理して笑いを取る必要はありません。

よく話してくれる男性なら、軽くリアクションするだけでOKでしょう。

お互い緊張しているようなら「緊張しますね……」から始めても大丈夫。

「こんな私とデートなんて嫌ですよね?」と自分を下げる必要は全くありません。

客観的な視点が大事

男性とのやり取りに慣れていないと、余裕がなくて予想外な言動をとってしまうこともあるでしょう。

誰しも最初は恋愛初心者。失敗から学ぶこともあるはず。

大事なのは、自分の言動が、相手にどう映るのかを客観的に考えること。

改善できると思ったら、どんどん修正してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)