気になる人との会話では、ささいな一言がきっかけで発展することもあれば嫌われることも……。

モテる女性の「さしすせそ」だけでなく、言ってはいけない「あいうえお」をご存知ですか?

今回は、非モテ女性の「あいうえお」をご紹介します。

会話で使わないように、気を付けてくださいね!

今はこっち!非モテ女性の「あいうえお」って知ってる?

あ「あいつってさ~」

言葉遣いが荒い女性を素敵だと思う男性は少ないはず。

「あいつ」だけでなく、「お前」や「~だろ」などにも気を付けましょう。

ふとしたときの言葉遣いをチェックされていることも。

日ごろからきれいな言葉遣いを心がけられるといいですね。

い「イライラする」

マイナスの感情を言葉にしても、なんの解決にもなりません。

それどころか周囲の人に「自分の感情を抑えられない人」と思われることも。

「イライラする」や「疲れた」などマイナスな言葉は口の出さないようにしましょう。

前向きな言葉を使い、居心地のいい雰囲気を作れるようになれるといいかもしれませんね。

う「うるさい」

短気な人は、嫌われやすい傾向があります。

人がなにかをしたことに対して「うるさい」や「うざい」などと思ったり言ったりしていては、近寄り難い雰囲気を感じさせることでしょう。

自分になにかをしてくれたときには、素直に受け取り、「ありがとう」を言えるといいですね。

かわいげを大切にすると、困ったときに助けてもらえやすくなることもあるようです。

え「え~?」

「会話では否定から入らないほうがいい」とはよく言われていますが、それは「でも」や「だって」にかぎった話ではありません。

相手が言ったことに対して「え~?」と反応するのも、受け取り方によっては否定的に思われることも。

なにを話しても否定的な反応をされると、男性は面白くないと感じるはず。

「そうなんだ」「そうだね」など、肯定しながら聞き入れることを意識しましょう。

お「大きなお世話」

相手がなにかをしてくれたとき、「大きなお世話」や「おせっかい」などと思ってはいませんか?

親切心が感じられるのなら、「ありがとう」と受け入れることが大切です。

どんなささいなことにでも感謝の気持ちを忘れずにいることは、誰にでもできることではありません。

つねに意識できるようになりましょう。

気を抜いたときこそ要注意!

意識していないとつい口に出しそうな言葉ばかりです。

ふとしたタイミングの発言にドン引きされることも……。

気を許した相手との会話でも、きれいな言葉遣いを意識できるといいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)