多くの男性は、ふとした瞬間に彼女に対して「この子とずっと一緒にいたい」「大事にしたい」と思うようです。

では、どんな瞬間に大事にしようという気持ちになるのでしょうか。

男性へのインタビューを元に、「この子を大切にしよう」と思った瞬間を4つご紹介します。

愛され彼女!男性が「この子を大切にしよう」と思った瞬間4選

帰り際にずっと手を振ってくれた

「バイバイをしてから振り返ったら、彼女もこっちを見ていてくれてたんですよね。なごり惜しくて、ずっと見つめ合ってしまった。嬉しかった」(25歳/証券)

これはキュンとするし、胸にじーんと来ますよね。

「そんなに後ろ髪を引かれているのか」「自分のことを想ってくれてるんだ」と愛おしくなるのでしょう。

付き合いが長くなると、帰り際もあっさりしてしまうカップルも多いようです。

たまには、初心にかえって別れ際に寂しい素振りを見せると、彼もキュンとしてくれるかもしれませんよ。

時間を守ってくれた

「ぼくはどっちかというと時間にうるさいタイプです。今までの彼女が遅刻ばかりだったから、先に待っててくれたときはキュンときたし感動しました」(28歳/製薬)

時間にルーズな人ってちょっと困りますよね。待たされるとイライラしてしまうものです。

真面目なタイプの男性は、待ち合わせで先に待ってくれているのを見るととても嬉しくなるよう。

「待たせてしまって申し訳ないことをしたな。大事にしなきゃ」と思うのでしょう。

気を遣ってくれた

「2人でバーに飲みに行ったら調子に乗ってボトル開けてしまって。ちょっと悪酔いしそうでまずいかな……と思ったら彼女がさっと店員を呼んでくれた」(24歳/メディア)

これはちょっとした気遣いですね。

2人で飲んでいるときに「あ、少し飲み過ぎたかな……」と思った瞬間、お店の人に水を頼んでくれる。

男性は「俺のことを気遣ってくれているな」と嬉しくなるようです。

自然にこういったことができる子を見ると、キュンとくるのでしょう。

押し付けがましさではなく、さりげなさが大事ですよ。

注意してくれた

「正直ちょっと頭に来ることもあるけれどね。『あなたのためを思うと』と言われると、この人は大事にしないとな~と思う」(27歳/公務員)

男性はプライドが高い人が多いもの。

注意されると頭に来ることも多いですし、単に批判されるだけでは頑固になることもあるようです。

でも、彼女が文句を言いたいのではなく自分のことを思って注意してくれるのを知ると、素直になれるのだとか。

ちょっとしたケンカのときに感情的にならずに、冷静に会話ができる女性は男性から一目置かれるようです。

愛され彼女になるために

こう並べてみると、男性って結構わがままかもしれませんね。

繊細なところと現実的なところ、両方バランスよく兼ね備えた女性はポイントが高いでしょう。

ぜひ愛され彼女を目指してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)