気になる彼から、LINEの未読もしくは既読スルーされたら、不安になることでしょう。

しかし、だからといって余計なLINEをしてしまうと、二度と返信が来なくなるなんてことも……。

今回は、「ついやりがちだけど絶対にやってはいけないダメLINE」についてご紹介します。

送ったらだめかも…返信が来ないときのNGなLINE

催促する内容

「仕事が忙しかったのであとで返信しようと思っていたら、壁から動物がジーッと見ているスタンプが届いた。
見た瞬間にやる気が失せました。その子のことはちょっと気になっていたけど、既読スルーで終了」(24歳男性/整備士)

こちらはいわゆる「地雷臭」がヒシヒシと感じられます。

「ジーッ」「ぴえん」など、いくらかわいらしいスタンプだとしても、重く感じるのは同じです。

楽しくLINEしていたはずが、相手はひたすら返信を待ち望んでいたと思うと恐怖すら覚えますよね。

男性側は温度差にビックリし、早めに距離を置かないとマズいと察するようです。

心配する内容

「ちょっと連絡できなかっただけで『大丈夫?』とか送ってくる子いない?
彼女ならまだしも、俺たちそこまでの仲じゃないじゃん。正直面倒くさいなって思っちゃう」(26歳男性/営業)

たしかに逆の立場で考えてみると、数回会っただけの男性から、何度も心配LINEが送られてきたらちょっと引きませんか? 

忙しいときこそ「いやいや、察してよ……」となりますよね。

「大丈夫だからこそ連絡してこない」と考えて、そっとしておくべきでしょう。

怒りの内容

「たとえ女友達でも『シカト?笑』みたいなLINEはイラっとする。返信のタイミングくらい、こっちの自由にさせてほしい」(21歳男性/大学生)

返信をもらうために手段を選ばない人もいますよね。

でも、連絡をスルーしただけでキレるような女性と、男性は付き合いたいと思うでしょうか。

怖いというより、面倒くさい、ウザいと思われる可能性が高くなります。

いままで積み重ねてきた関係性も、その1通で水の泡になってしまうかも。

ヤキモキする気持ちは抑えて、キレ気味LINEを勢いで送るのはやめましょうね。

返信が来ないときは…

どんなに忙しかろうと、大抵の男性は「LINEが来ていること」はきっと認識しているはず。

だからこそ余計な追いLINEはしつこいと思われるだけなのでやめましょう。

唯一できるのは、ひたすら待つこと!

それだけで「距離感を保ってくれる女性」として、好印象にもつながるはずです。

「待つ」のは辛いからこそ、それだけの価値があるものですよ。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)