デートも回数を重ねると、プランがマンネリしてくることもあるでしょう。

男性から「どこ行きたい?」と言われたときには「どこでもいい」と言ってしまいがちですが、それを快く思わない人も。

今回は、デートの行き先が決まらないときの対処法を4つご紹介します。

ぜひ試してみてくださいね。

場所選びから楽しい♡デートの行き先が決まらないときの対処法

とりあえずカフェに入る

「デート中、行き先に困ったとき『とりあえず、あそこのカフェに入って一緒に考えようか』と言ってくれるのはありがたいですね。

コーヒーを飲みながら、お互いにスマホで検索して候補を出していると、自然とまとまってくるので」(27歳男性/公務員)

待ち合せてすぐに立ち尽くして行き先を考えるよりも、ゆっくり座りながら話し合った方が、すんなりデートプランが決まることも。

コーヒーを飲みながらゆっくりするその時間もデートの大切な一部でしょう。

一緒に話していると、一人では思い浮かばなかったデートプランにたどり着くかもしれませんよ。

候補をいくつか出し合う

「彼氏からどこに行きたいか聞かれたら『お互いに行きたい場所を3つあげようよ』と言うようにしています。候補が6つもあれば、1つくらいお互いに納得する場所がありますから」(27歳女性/看護師)

2人でいくつか候補を出し合うのは、今後のデートにも役立てられそうですね。

相手と被らないように……と思うと、それだけ面白いアイデアが浮かびやすくなるかもしれません。

被ったデートプランにするという決め方もできそうですね。

行きたくない場所を挙げる

「女性から『どこでもいいよ』と言われたのに、デート先を決めたらいやな顔をされたことがあって……。腹が立つから、行きたくない場所を先に確認するようにしています」(27歳男性/メーカー)

行きたいところ、楽しそうなところはたくさんあるからこそ、逆に「行きたくないところ」を挙げるという方法も。

それ以外の場所を考えればいいので、決めやすくなるかもしれませんね。

ただ妥協して決めないよう注意をしたいものです。

体験型デートに挑戦

「とくに行きたい場所がないときは、お互いに未体験なものをあげて、そのなかから決めるのがおすすめです。私たちはその方法で、いろいろなことに挑戦しました」(29歳女性/保育士)

ボルダリングやVRなど、体験型のデートも充実しています。

お互いにやったことないものをいくつか挙げ、そこから選んでいくという方法もあるよう。

一緒に初めての挑戦をすることで、仲も深まっていきそうですね。

場所選びから楽しもう♡

デートがマンネリしたときには、遊び感覚で行き先を決めるのが楽しいかもしれません。

2人で意見を出し合いながら、素敵なデートを楽しんでくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)