気になる男性からデートに誘われても、断ってしまうこともあるでしょう。

すでに予定が入っていたり、仕事や学校が忙しい時期だったり。

デートの断り方次第で、その後の印象を左右します。

実際に「デートを断られて相手女性の印象が悪くなった……」という男性の意見をもとに、自分のイメージを下げる「NGな断り方」をご紹介します。

「行けたら行く」は禁句!マイナス印象を与えない断り方

「行けたら行く!」

「大勢の飲み会じゃなくて、2人のデートに誘っているのに『行けたら行くよ』ってちょっとひどくないですか。
脈がないなら、こっちも無理に誘わないのに、中途半端なことを言わないで」(26歳/男性)

「行けたら、行く」は、つい言ってしまいがちな断り方です。

しかし、デートで使うのは絶対にNG。

「断られてるのはわかる。濁すのは誠意がない」と感じる人も多いですよ。

あやふやな態度は、むしろ相手を傷つけたり、イラつかせることもあります。

断る時はすっぱり断る方が、好印象ですよ。

LINEスタンプだけで返信

「その子が前に行きたいと言っていたお店に、『予約とるから一緒に行こう』とLINEで誘ったのに、返事が『ごめん』のスタンプだけ。
文字ですらなかった。忙しいとか、他に彼氏ができたとか、理由くらい教えてくれても良くない?」(25歳/男性)

丁寧なお誘いも、スタンプだけでお断り。

「あのお店に行きたい」などの前フリがあったから誘ったのに、理由すら教えてもらえず断られるのは、男性の気持ちをモヤつかせます。

断るときは、なるべく理由も伝えましょう。

「その日ダメだわ」

「その日はダメだわ、ごめんね!だけの断り方は、脈なしだよね。
たまたま都合が合わないけど、自分と会いたいと思ってくれてるなら、代わりの日程を教えてくれると思うから」(28歳/男性)

「代わりに日程を教えてくれない=脈なし」と捉える男性は多いです。

本当は行きたいのに都合でダメだという場合は、「この日だったら行けるんだけど、どうかな?」と、提案してみると良いでしょう。

「彼は忙しいし、その日しかダメなのでは」なんて思い込みは不要ですよ。

はっきり断る方が好印象

断るのは、誰にとっても気が重いものです。

だからといって、中途半端な対応はマイナスイメージにつながります。

断るときははっきり、気になる彼には代案を送りましょう。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)