最近、彼との関係が冷えてきている気がする。

ケンカや悪いことをしたわけではないけど、彼に本音を聞くのは怖いと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、そのままにしていると突然フラれてしまうかもしれません。

今回は、男性たちの体験談をもとに「彼女との別れを決意する瞬間」をご紹介します。

好きだったけど…男性が彼女との別れを決意した瞬間

自分から行動してくれない

「デートはいつも僕が行き先を決めるし、何食べたいとか、何がほしいとかも意見を言わないんですよ。
付き合っているのに、僕だけ頑張っているみたいでむなしくて……。
最近できた女友達がいつも自分から積極的に意見する子で明るいから、そっちにひかれちゃっています……」(27歳/不動産)

デートでもなんでも、彼の意見に合わせがちな人はいませんか?

相手に従っていれば嫌われないと思いがちですが、デートは2人で作り上げるものです。

いつも受け身ばかりだと、彼も疲れてしまいます。

たまには自分からデート先を提案したり、会話の話題を振ったりしてみましょう。

他の予定ばかり優先する

「最近、彼女が冷たくて。仕事が忙しかったり、習い事があったり……。
他の用事があるのは、分かるんです。
でも、やっぱり僕との時間も大切にして欲しい。
自立している女性も素敵なんですが、放置されすぎるとやっぱり寂しいです」(30歳/金融)

自立している女性は素敵ですが、あまりにも自分優先すぎると恋は長続きしないかもしれません。

男性は意外と寂しがりやが多いため、会えない日々が続くと別れを決断してしまう人もいるようです。

仕事や他の予定が忙しかったとしても、自分から連絡することを忘れずに思いやりのある行動を心がけましょう。

同じ理由でケンカを繰り返す

「彼女がいっつも食事中に携帯電話を触るんです。
友達から連絡が来て、すぐに返事しないと気になるらしいんですけど、不衛生だし、せめて食べたあとにしてほしい。
毎回、食事中は携帯を触らないでほしいと言っていますが、折り合いがつかず、そこでいつもけんかになります。
こういうケンカが続くとほんとうんざりして、たまに別れがよぎります……」(24歳/TV制作会社)

何回も同じ理由でケンカになってしまうことって、ありませんか?

性格や価値観の不一致が原因だったとしても、関係を長続きさせたい場合はお互いに譲り合うことも大切です。

ケンカになったときは男性ばかりを責めるのではなく、自分の行いも振り返りましょう。

自問自答することで、お互いに理解を深めるきっかけになるかもしれませんよ。

改善できれば、またラブラブに

彼から別れを告げられるのは、悲しいものです。

その前兆に気づいたら、まずは自分の行動を振り返りましょう。

そして、改善できるところがないか考えてみてください。

彼にも「私ってこういうくせがあるのは、分かっているんだけど、なかなか変えるのが大変で……」と本来の姿を見せたら、一緒に考えてくれるかもしれません。

2人で、良い関係を作っていってくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)