気になる男性に「おばさんくさい」と思われていたら……と、不安になったことはありませんか?

男性が女性に対して「おばさんくさい」と感じる言動はいくつかあるようです。

実際に「おばさんくさい」と感じたことのある男性の意見を参考にしながら紹介していきます!

男性が「おばさんくさい」と感じてしまう女性の言動とは

おせっかい発言

男性のちょっとした行動が気になって、あれこれ小言をいってしまうことはありませんか?

良かれと思って伝えていても、「おばさんくさい」と思われているかも……!

「昼食のとき、『そんなんじゃ栄養偏るよ!』とよく言ってくる女性がいます。

僕のことを考えてくれているのはありがたいですが、同年代なのにお母さんっぽく思っちゃいました」(28歳男性/栄養士)

ちょっと上から目線のアドバイスが、おせっかいに感じたり、おばさんくさく感じてしまうのでしょう。

たとえば「いつもそういうの食べてるの?」というフランクな感じで話しかければ、会話も続き「おばさんくさい」イメージが薄まるかもしれませんね。

愚痴や不満を言う

仕事の愚痴や不満を漏らすのも「おばさんくさい」と思われる要因になるようです。

たまに悩みを相談する程度なら良いのですが、愚痴や不平不満ばかり漏らしてばかりだったり、批判的な発言が多かったりすると、男性からは「おばさんみたい」と思われてしまう可能性があります。

「いいなと思っていた子がいたのですが、不平不満が多すぎて驚きました。

『会社で私ばっかり苦労してる』『みんないい加減で嫌になる』とか……。

いつも怒ってるおばさんみたいだな、と思ってしまいました」(23歳男性/クリエイター)

男性は、周囲に対して気遣いや思いやりがある女性に惹かれやすいです。

愚痴や不満を漏らす女性を、「周りが見えないおばさん」と重ねて見てしまうのかも……。

うわさ話が多い

「給湯室の近くを通りかかると、『課長の奥さんってじつはバツイチらしい』とうわさ話が聞こえました。

年下の20代女性でしたが、おばさんくさいな……と思いました」(32歳男性/会計事務)

職場の人や友人の噂話、芸能人のゴシップなど、うわさ話のしすぎにも注意が必要です。

うわさ話ばかりしていると、男性から「ゴシップ好きのおばさん」みたいだと思われてしまうかも……。

「おばさんくさい」と思われないためにも、気になる男性がいる場所でのうわさ話はほどほどにした方がいいかもしれませんね。

発言前に一呼吸を

普段、おばさんくさい言動が癖になっているとしたら、話題選びや発言する前に一呼吸置き、言い方や伝え方を客観視してみるのはオススメです。

これやってしまっていたなぁ……と気づいた点があれば、改めていきたいですね。

(かりん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)