恋愛に対して奥手な男性のなかには、女性にリードしてほしいと考える人も多いようです。

気になる人となかなか進展しない場合、あなたからアプローチしたほうがいいかもしれません。

今回は、奥手な男性に「リードしてほしいと思っていること」を聞いてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

自分からは無理…奥手な男性が「リードしてほしい!」と思っていること

連絡先を聞いて!

「どんなに気になる子がいても、なかなか自分から連絡先が聞けません。女の子がリードして聞いてくれたらいいのになって、心のなかでいつも思ってます」(29歳男性/金融)

関係を進展させるためには、連絡先の交換は欠かせないでしょう。

とくに「もう次いつ会えるかわからない」という状況の場合は、聞くか聞かないかが大きな分かれ道になりそうです。

男性から聞いてほしいと思う場合で、彼が奥手なら聞いてきてくれないことも。

そんなときには思い切って自分から聞くようにしましょう。

グループで会うときには、みんなで好感する雰囲気を作ってみてはいかがでしょうか。

デートに誘って!

「もしも断られたらどうしようって不安になって、デートは自分から誘えません。とくに初デートの誘いは、女性にリードしてもらいたいです」(30歳男性/SE)

恋愛に対して積極的になれない男性のなかには、デートの誘い方がわからなかったり、勇気が出なかったりする人も。

どうしても誘えない奥手な男性は、女性の方から誘ってくれるのを待っていることがあるようです。

全くデートに誘ってくれないからあきらめるのはもったいないかもしれません。

一度自分から誘ってみて、様子見をするといいでしょう。

話しかけて!

「恥ずかしくてなかなか話せないし、おもしろいネタももってないから、積極的に相手から話しかけてほしいです。話を聞くのが好きだから、会話をリードしてくれたらうれしいです」(32歳男性/メーカー)

好きな人や異性との会話では、緊張してうまく話せない……という人もいるでしょう。

会話が苦手な男性はなおさら、自分から話しかけるのに抵抗があるようです。

そのため、積極的に話しかけてくれたりリードしてくれる女性だとうれしいのだとか。

自分の話をしつつ、上手に質問して彼の話を引き出すといいかもしれません。

少しずつ心を開いてくれるはずですよ。

ときにはリードも必要

奥手な男性は、自分から行動できないことも多いようです。

そんな彼に好意を寄せているのに、なにもアクションを起こさないのはもったいないかもしれません。

勇気を出してリードすると、彼も喜んでくれるかもしれませんよ。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)