気になる年下の男性に対して、「年上の私を恋愛対象として見てくれるかな?」と心配になってしまうこともあると思います。

男性は若い女性が好き……なんて話も聞きますが、じつは年上だからこその魅力もたくさんあるんです!

本記事では、思わず男性がキュンとしてしまう「オトナの女性」の共通点を4つご紹介していきます。

ぜひ年齢差を活かして恋愛を成就させてくださいね。

男性を魅了する「オトナの女性」の共通点とは

上手に男性を頼る

「僕の彼女はよく僕に悩みを相談してきてくれます。彼女の役に立てて僕も嬉しいです」(28歳男性/広告業)

ただ自立するだけでなく頼ることもできると、年上女性の魅力をグンと引き出せます。

女性に対して「頼ってほしい」と感じる男性は多数います。

しかし、依存しすぎると「重い」「飽きる」などのマイナスな感情を引き出してしまいます。

そのためには理性的に彼を頼ったり甘えることが大切。

こうすることでプライドが満たされたり、モチベーションが上がったりする男性も多いんだとか。

また、男性に相談事をする際には、感情への共感よりも具体的なアドバイスを求めましょう。

男性は理論的な傾向があるため、心のサポートだけを求めるとすれ違いに発展しやすいみたいです。

さりげなく気遣ってくれる

「今まで年下の子とばかり付き合っていたけど、今の彼女と付き合って年上女性の魅力に気づきました。

電話で僕のことを心配してくれたり、誕生日に旅行をプレゼントしてくれたり。

一緒にいて安心します」(25歳男性/サービス業)

年上女性は人生経験が長い分、余裕が生まれたり配慮ができるようになったりすることが多いです。

一緒にいる男性を頼りすぎない「自立した女性像」が人気なんだとか。

2人きりの外出に対してもプレッシャーを感じることなく、前向きになれる男性も多いようです。

しかも、どの気遣いもさりげないからこそ、男性の自尊心はしっかりと保たれるのです。

女性主体になりすぎると「自分のできなさが目立って傷つく」「頼んでないから邪魔」と感じる男性心理があります。

お節介にだけはならないように意識しましょう。

褒めるのが上手い

褒め上手な女性は、男性の自己肯定感を引き上げます。

そのおかげで、男性は「ずっと一緒にいたい」「会うと自信が湧く」と感じるのだとか。

自然と相手を褒めるには、まず自分自身を受け入れることが大切です。

長所・短所の両方を受け入れると、他人への承認欲求や劣等感がセーブできます。

相手のことを純粋に「すごい」「さすが」と思えるように、まずは自分を好きになることから始めることをオススメします!

尊敬できる

「彼女と会うたびに影響されます。仕事も趣味も頑張っていて、キラキラしているか刺激されるって感じ。自分ももっと頑張ろうって思えてきます」(32歳男性/飲食店)

自立した年上女性の余裕に、男性は強く惹きつけられるみたい。

男性の年齢が上がるほど、こうした「人間として尊敬できる女性」がモテる傾向にあります。

男性自身も経験を積むからこそ、人間性を重視するようになるのかもしれませんね。

年上ならではの魅力を活かして!

年上女性には経験豊富だからこその魅力がたくさんあります。

精神的な余裕・自立心・成熟した人間性など、何気ない過去も女性を美しくするための経験になっているんです。

そのため、年下男性を好きになった時には、無理に若い女性へと寄せなくても大丈夫。

今の自分が一番素敵に見えるメイク・ファッション・振る舞いを選びましょう。

自分らしさを活かせるようになると、自然と恋愛でも自信が湧くようになるかもしれません。

(岡あい/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)