好きな人ができても、選ぶ相手はもちろんアプローチの仕方次第で「本命になれるかどうか」が変わってくることもあるようです。

いつも恋愛がうまくいかないのには、なにか原因があるのかもしれません。

今回は、男性が「本命かどうか」を見極めているときのポイントをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

幸せへの分かれ道!男性が「本命かどうか」を見極めるポイント

不測の事態にどう対応するか

「意地悪に思われるかもしれないけど、そろそろ告白かな……ってタイミングで、わざとデートをドタキャンしてみるんです。

そういうときにこそ本性が見えるんですよ。前にドタキャンしたらキレちゃった子がいて。そういう子は付き合うと大変そうなので、静かにフェードアウトしました」(27歳男性/通信)

わざとでなくても、急な予定の変更や体調不良によりデートをキャンセルになることもあるはず。

楽しみにしていた思いが強いほど、断られたときにはがっかりするでしょう。

そういった不測の事態をどう対応するかに注目している男性もいるよう。

怒ったり不満をぶちまけたりしていては、付き合ってもうまくいかなさそうと思われることも。

なんでも広い心で許す必要はありませんが、感情的になりすぎないよう心がけましょう。

デートに誘ってくれるか

「いくら好きな女性でも、デートに誘われるのばかり待っていて、自分から全然誘ってくれない子はNGですね。

『この子には好かれているんだ!』って自信を持つためにも、女性側からデートに誘ってくれるかどうかは重要です。長く付き合うとなると、どちらかが誘うばかりとか、偏ったバランスって続かないと思います」(26歳男性/メーカー)

気になる男性がいても、恥ずかしさや断られる恐怖からデートを誘えない方もいるでしょう。

しかしなかには、いつも誘われ待ちな女性とは付き合える気がしないという男性も。

たまには勇気を出して誘ってみるといいかもしれません。

男性もきっと喜んでくれるはずですよ。

言葉遣いはきれいか

「出会った当初はいい感じでも、時間が経つにつれて言葉遣いが悪くなる人はなしですね。

言葉遣いが悪いと、そのうち態度も雑になりそうですし、将来子どもができたときとかのことも考えると……やっぱりないです」(26歳男性/保険)

言葉遣いでその人のすべてを判断できるわけではありませんが、なかなか変えられないものだからこそ、不安に思う男性もいるよう。

逆に言えば、きれいな言葉遣いができるだけで好印象を抱かれる可能性も。

日ごろから意識すれば、恋愛以外の人間関係もうまくいくかもしれませんよ。

楽して本命になれるわけではない!

本命の女性になれるかどうかは、ささいな言動から判断されることも少なくないようです。

何気ない言動こそ、無意識にやってしまうもの。

日ごろから意識しないとなかなか変えていけないことも。

毎日の積み重ねで、本命として選ばれる女性を目指しましょう!

(恋愛メディア・愛カツ編集部)