好きな人とのキスって、愛を深めるうえで欠かせないもの。

でも自分から「キスして」というのは、なかなかハードルが高い……とお悩みの女性もいますよね。

そこで今回は、さり気なく男性から「キスしてもらう」方法を3つご紹介します♡

自分からしなくてOK!彼から「キスしてもらう」方法

キスシーンのある映画を観る

「お家デートで彼女に『今日○○の映画観たい!』って言われて、それを観てたらキスシーンが出てきたんです。
そしたら彼女が食い入るように画面を見つめてて。
『いまがチャンス!』と思って、不意打ちでキスしちゃいました(笑)」(27歳男性/事務)

彼とのお家デートでキスがしたくなったら、キスシーンのあるドラマや映画を観てみましょう。

彼が鈍感なタイプなら、「あんなキスしてみたいな」なんて羨ましがる一言を足してみるのもアリ。

この方法は、キスシーンはもちろん「街中で手を繋ぎたいときに、周りの手を繋いでいるカップルを見つめる」など、応用して使うこともできます。

名残惜しさから、服の裾を引っ張る

「この間のデート帰りの別れ際、またねって言ったあと、彼女が僕の服の裾を引っ張ってきたんです。
顔をのぞいたら照れてるのが分かって。

『かわいすぎか!』と悶絶して、そのままキスしました。
愛おしい仕草は男心くすぐられるよね」(31歳男性/不動産)

お泊りデートの翌朝や普段のデートの別れ際など、ちょっとしんみりしちゃう場面では、彼の服の裾を引っ張ってみるのがオススメ。

男性も女性と同じく寂しい気持ちになっていることが多いので、愛おしい気持ちが爆発してキスしたくなるのだとか。

恥ずかしい場合は、無理に彼の目を見つめなくてOK。

照れている表情を見た彼が、さらに悶絶してくれるでしょう♡

唇を尖らせて、目を見る

口を尖らせて、目を見る

「付き合って2カ月。まだまだキスも慣れない彼女が、家でゆっくりしている時間にじーっと上目遣いで見つめてくるんです。

俺の顔になにかついてるのかな?と思ったけど、少し尖らせた唇がかわいくてかわいくて……。思わずキスしちゃいました」(28歳男性/営業)

男性の多くは、女性の上目遣いに弱いもの。

大好きな彼女にじっと見つめられたら、キュンとせずにはいられないでしょう。

また少し唇を尖らせていると、男性はさらにキスしたくなるようですよ。

見つめる効果をより発揮するためには、唇やお肌のケアをしておくといいでしょう。

グロスでテカった唇より、自然に潤った唇のほうがテンションが上がるそう。

ナチュラルな潤いを唇に与えてから試してみてくださいね。

何度でもキスしてもらおう♡

自ら「キスして欲しい」とアピールするのが苦手な女性は、多いもの。

ですが、好きな人とのキスは何度でもしたくなりますよね。

そんなときはさり気なく誘導して、彼からキスしてもらっちゃいましょう♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)