恋愛の先に結婚がある……と、思っている方もいるかもしれません。

しかし、恋愛向きの相手と、結婚向きの相手は、少し違いがあるんです。

今回は、男性の12星座別に、彼が結婚向きなのか、恋愛向きなのかを占います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは、前編としておひつじ座(3/21~4/19)〜おとめ座(8/23~9/22)のご紹介です。

【前編】星座占い♡気になる彼は「結婚向き」?「恋愛向き」?

おひつじ座(3/21~4/19)

【結婚向き】

情熱の塊のようなおひつじ座の彼。

好きな人ができると、全精力を傾けて尽くそうとします。

女性が全面的に頼ってくると、俄然やる気が出てくるタイプでしょう。

結婚すれば、必然的に責任感が増し、これまで以上に協力的になるかも。

おうし座(4/20~5/20)

【結婚向き】

堅実で、危ない橋は渡らない、おうし座の彼。

安定志向なので、結婚という枠の中で居心地の良さを求めるでしょう。

意外にも、独占欲が強い傾向にあります。

結婚することで、相手との関係が確実なものとなったと感じるかもしれません。

ふたご座(5/21~6/21)

【恋愛向き】

知的好奇心が旺盛な、ふたご座の彼。

つねに新鮮さを追い求める傾向にあります。

そのため、結婚というシステムに組み込まれるのは、性に合わないのかも。

結婚するのであれば、最低限のルールだけを作りましょう。

かに座(6/22~7/22)

【結婚向き】

家族至上主義な、かに座の彼。

相手との関係をより強固にするために、結婚を視野に入れてくるでしょう。

結婚した後も、家族愛の強いかに座の彼は、なにかと家族のために尽くしてくれるはず。

しし座(7/23~8/22)

【結婚向き】

明るく堂々としている、しし座の彼。

恋愛もおおいにエンジョイしている印象ですが、実はかなりの小心者。

相手に振られることを恐れるばかりに、結婚を考えることもありそう。

家族を大切にしつつも、自分の時間を確保したいと考えているでしょう。

おとめ座(8/23~9/22)

【結婚向き】

ロマンチストで、理想の高い、おとめ座の彼。

恋愛に対しても、「こうあるべき」という理想像を持っているかも。

そのため、恋の喜びも深い反面、傷付くことも多数。

結婚することで、精神的に落ち着きたいと考えているかも。

家事や家計にはうるさいかもしれません。

あなたの理想は?

恋愛と結婚は違う、といわれることもあります。

今のうちから、将来のことについて想像してみては……?

もしかしたら、結婚するに当たって、外せない要素が見つかるかも。

そうすれば、今の彼との関係や、理想の相手などが明確になるかもしれませんね。

(明石実夕/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座の男性は、「結婚向き」?「恋愛向き」?