恋愛の先に結婚がある……と、思っている方もいるかもしれません。

しかし、恋愛向きの相手と、結婚向きの相手は、少し違いがあるんです。

今回は、男性の12星座別に、彼が結婚向きなのか、恋愛向きなのかを占います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

前編に引き続き、後編のご紹介です。

【後編】星座占い♡気になる彼は「結婚向き」?「恋愛向き」?

てんびん座(9/23~10/23)

【恋愛向き】

バランス感覚に優れている、てんびん座の彼。

コミュニケーション能力が高く、よくモテます。

自分がモテることをよく知っていて、なかなか結婚して落ち着こうとは思えないかも。

依存し合うべったりした関係も苦手な傾向にあります。

結婚を意識するためには、長い付き合いが必要でしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【結婚向き】

愛情深く、執念深い、さそり座の彼。

物やお金に執着するだけでなく、異性との関係でも深い絆を求める傾向にあります。

彼女が他の男性に目移りしないか、つねに気になっているかも。

早く結婚して、安心したいという気持ちが先行しそうです。

真面目で辛抱強いので、結婚した後も頼りになる存在でしょう。

いて座(11/22~12/21)

【恋愛向き】

いつでも前向きに恋愛を楽しんでいる、いて座の彼。

自由な立場でいたいので、結婚願望はないでしょう。

また、追われるより追われたいタイプなので、女性から結婚を迫るのは避けた方がいいかもしれません。

仕事や趣味がひと段落したら、結婚が視野に入る可能性もあります。

やぎ座(12/22~1/19)

【恋愛向き】

堅実かつ、合理的な、やぎ座の彼。

不安定な恋愛関係よりも、結婚を求めているでしょう。

しかし、仕事も彼の大きな居場所の一つ。

結婚しても仕事寄りになりがちで、家庭に積極的に参加するとは考えにくいです。

仕事人間の彼ごと受け止められる人であれば、上手くいくでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【恋愛向き】

自分の個性が最も大切な、みずがめ座の彼。

ある意味、型にハマらなければならない結婚に対しては、興味がないでしょう。

また、つねに刺激を欲している点でも、あまり結婚向きとは言えません。

お互いの自由が守られると確信した場合のみ、結婚が視野に入るでしょう。

うお座(2/19~3/20)

【恋愛向き】

依存心が強く、完全に恋愛向きなのが、うお座の彼。

押しに弱く、受け身で結婚しやすいタイプです。

結婚した後は、献身的に家族に尽くそうとしますが、それが当たり前になるとストレスになりそう。

他にも、優柔不断すぎる一面は、結婚に向かないかも。

彼をサポートし、甘えすぎない生活が送れれば、結婚生活もうまくいくかも。

結婚相手になにを求める…?

恋愛と結婚は違う、といわれることもあります。

今のうちから、将来のことについて想像してみては……?

もしかしたら、結婚するに当たって、外せない要素が見つかるかも。

そうすれば、今の彼との関係や、理想の相手などが明確になるかもしれませんね。

(明石実夕/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

>>さらに占う♡気になる彼は告白「したい」派?「されたい」派?