だんだん年齢を重ねるにつれ、恋愛で失敗を繰り返すことにためらう人も多いでしょう。

大人の恋愛を長続きさせるためには、3つのポイントが重要です。

これらを押さえるだけで、10代の頃とは違った落ち着いた恋を楽しめるでしょう。

落ちついた恋愛ができる!「大人の恋」の心得3つ

笑顔でいる

最近、以前より笑わなくなったと感じている人はいませんか?

だからこそ、好きな人と一緒にいるときは、笑顔で過ごしたいものですね。

笑顔とリラックスにはつながりがあり、心を許した相手でないと両方できません。

そのため、大人の恋愛ではお互いが笑顔で過ごせるほど心を許し合えるのがポイント。

いまお付き合いしている彼と一緒にいると、自然な笑顔が作れないと感じている場合は、関係を見直した方がいいかもしれません。

人前では甘えない

街中でくっついたり、人前で甘えたりするのはNGです。

男性は、つねに甘えてくる女性に鬱陶しさを感じるものです。

大人の恋愛では、甘えを口に出さずに伝えるのがポイント。

難しいかもしれませんが、ストレートに何でも言うのではなく、態度や接し方を工夫してみて。

相手にしてほしいことを、自然とやってもらえるように仕向けましょう。

居心地のよさを考える

居心地のよさを考える

若い頃は「ただ一緒にいるだけで楽しい!相手もそう思っているはず」と考えていた人もいるでしょう。

しかし、大人になると居心地の良さに質を求めるもの。

楽しさだけでなく、無理しないで心地よいかどうかが問われるのです。

また、自分にとっての居心地のよさだけでなく、相手がどう思っているかも考えるようにしましょう。

たとえば彼が忙しいとき、無理にLINEをつづけないことも大切です。

恋人という理由だけで毎日連絡を求めるのは、子どもの恋愛と同じ。

相手の感情を察せるくらいの思いやりを持てるといいでしょう。

気持ちの余裕が大事

大人の恋愛は、相手に負担をかけすぎずに、気持ちを伝えあうことでもあります。

そのために必要なのは、気持ちの余裕です。

思い悩みすぎず、恋愛を楽しんでくださいね。

(只野あさみ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)