本当は好きで気になっているのに、そっけない態度や興味のない振りをしてしまうなど、よくあることです。

そこで本記事では恋愛経験が少ない女性でも簡単にできる、男性が「グッとくる」女性についてご紹介します。

イイ子だなぁ♡男性が「グッと来る女性」って?

プレゼントに大げさに喜ぶ

プレゼントをあげて大喜びする女性の姿に男性はグッとくるもの。

とくに高価な物ではなく、ちょっとしたお土産でも喜んでもらえるとなると、「次もまたこの子に買ってきてあげたいな」と思ってくれるでしょう。

たとえ相手からのプレゼントが好みでなかったとしても、ガッカリした顔をしたり文句を言ったりするのは絶対にNG。

プレゼントの中身よりも「自分のために選んでくれた」という気持ちを優先すべきです。

楽しい気持ちを隠さない

こちらもプレゼントと同様に楽しんでいる姿を見せると、男性は嬉しい気持ちになるでしょう。

デートは2人でする特別な時間。「あなたと一緒にいられて嬉しい!」という気持ちを前面に出し、楽しそうにしましょう。

ただ、いくら楽しそうにするかといって、苦手なジェットコースターやお化け屋敷に無理に付き合う必要はありません。

苦手な乗りものの場合は、「本当は乗りたいけど……ごめんね」「ちょっと苦手で……」と素直に伝えましょう。

デートで楽しそうにすることは大切なポイントですが、無理な付き合いは長く続かないからです。

長所を褒めてくれる

長所を褒めてくれる

褒められて悪い気のする人は、少ないのではないでしょうか。

相手の良いところや尊敬するところ、好きなところをたくさん伝えてあげましょう。

たとえば、「〇〇君ってすごい努力家だよね!」「いつも率先していろいろ調べてくれて助かってるよ!」など、短い言葉で良いので伝えましょう。

あまり大げさに褒めるとわざとらしいので、サラリと伝えるのがポイントです。

荷物を持ってくれるなど、手助けをしてくれたときなど、間を開けずにその場で感謝の言葉と共に伝えるとスムーズでしょう。

ポジティブな言葉を口にしてくれる

恋愛から遠のいていると、つい気恥ずかしさから相手への好意を隠してしまいがちになりますよね。

しかし相手への好意は、無理に隠す必要はありません。

けっして、いきなり愛の告白をする!というものではなく「〇〇君って本当、面白いよね!」「〇〇君とは話してて飽きないよ~」などでも、男性からすれば十分嬉しい言葉でしょう。

ただし、あまり関係が縮まっていないうちから激しく好意をアピールしてしまうと逆に引かれてしまう可能性も。

「〇〇君の話、本当に好きだなぁ」「〇〇君のファッション、私のすごい好みだよ」など、相手の話や持ち物などに焦点を当て、ワンクッション置いてみれば伝えやすくなるでしょう。

「好き」を全身で!

恋愛経験が少ないと、男性への接し方に戸惑うことも多いでしょう。

しかし自分の気持ちをあえて隠したり、取りつくろったりする必要はありません。

素直に自分の「好き」な感情をオープンにするほうが、男性の心にも強く響くはずです。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)