結婚相手を探すとなると、きっと慎重になりますよね。

実際、結婚してから幸せにしてくれる男性は、どういう人なのでしょうか?

そこで今回は、既婚女性たちに「彼を旦那に選んでよかった」と思った瞬間を聞いてみました。

既婚女性に聞いた!「彼を旦那に選んでよかった」と思った瞬間とは?

実家を気にかけてくれたとき

「旦那は、私の両親の誕生日に、個人的にプレゼントを贈ってくれるんです。
年末年始も『○○ちゃんの実家、そろそろ顔出さないと心配するんじゃない?』と気にかけてくれて。
彼とならこれからも幸せでいられるだろうなって思いましたね」(29歳女性/公務員)

結婚すると、本人同士だけではなく親も含めたお付き合いが必要になります。

絶対にそうしないとダメというものではありませんが、自分の親のことも気にしてくれる相手のほうが嬉しいですよね。

食事を心から楽しめたとき

「旦那との結婚の決め手は、一緒に食を楽しめることでした。
食の好みが似ているかだけでなくて、食の時間をどれだけ重視しているかも大事。
そこは妥協しなくてよかったなって思いました」(27歳女性/金融関係)

1日3回、一生付きまとう問題なので、全く食への考え方が合わない人と結婚すると色々苦労しそうですね。

また食の好みだけではなく、皿洗いを積極的にやってくれる夫は既婚女性からものすごく評判が良いです。

そこは教育次第という意見もありますが、家事への考え方も合わせてチェックするといいでしょう。

素直な気持ちを口にしてくれたとき

素直な気持ちを口にしてくれたとき

「プライドばっかり高くて自分の気持ちを口に出せない人って、きっと結婚してから苦労すると思う。
私の旦那は、思ったことをちゃんと素直に口にしてくれるから、気負わずにいられるんですよね。
愛も実感できるし、彼を選んでよかったなと心から思ってます」(27歳女性/編集)

お付き合いをしていく上でも、結婚してからでも自分の考えをちゃんと話して、相手を不安にさせない態度ってすごく大事なもの。

でも、相手が不安かどうかを気にするより、自分が傷つきたくないことを優先してしまうタイプの男性だと……。

コミュニケーションが成り立たなくて女性の側がいつも不安になってしまいます。

きちんと、言葉で自分の気持ちを言ってくれる人かな?というのはよくチェックしたほうがいいでしょう。

「相手の気持ち」を考えられる人か

人によって重視する部分、しない部分はもちろん違いますが、一番大事なのは「思いやり」。

いい会社に勤めているとか、容姿に優れているとかは今後変化があるかもしれません。

ただ人間の本質は、そう簡単には変わらないもの。

「相手の気持ちを考える」ことが出来る人かどうかをよく見たほうがいいでしょう。

(上岡史奈/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)