昼に集合してお出かけし、そのまま夜までぶらぶらしてご飯を食べる……という、丸一日デートを満喫できると楽しいですよね。

しかしまだ信頼関係が築けていない場合、一緒にいる時間が長くなればなるほど相手をうんざりさせる可能性も……。

今回は、丸一日デートするときに意識することをご紹介します。

長時間一緒にいるから…丸一日デートするときに意識すること

「なんでもいい」は封印!

男性から「どこ行きたい?」や「なに食べたい?」と言われたときに「なんでもいいよ!」と返すのはNG。

「(あなたと一緒なら)なんでもいいよ」のつもりかもしれませんが、聞き手によっては「どうでもいいのかな」と思うことも。

優柔不断な男性となら、なにも決まらずグダグダしてしまう……なんてこともあるかもしれません。

とくに思いつかなかったときでも、「○○くんはなにがいい?」や「どうしよっか」など、「なんでもいい」以外の言葉で会話を進めるようにしましょう。

長い時間一緒にいる分、なにかと決めなくてはならない場面がたくさんあるはず。

そんなときも、がっかりさせないような返しができるといいですね。

できる準備は事前にしておく

いくら長い時間一緒にいるといっても、時間を無駄にしていいわけではありません。

待ち合わせの遅刻やお手洗いでの化粧直しに時間をかけすぎるのは避けたほうがいいでしょう。

当日慌てなくてもいいように、事前にしっかり準備しておけるといいですね。

相手を待たせている時間は、相手の時間を奪っているのだということを忘れずに。

前日はしっかり寝る

彼とのデートだからと早起きをしたり、前日に眠れなかったり、寝不足のままデートに臨むのは危険かもしれません。

顔色がよくないのはもちろん、集中力が切れてしまうことも。

話をしていても上の空だったり、デートを心から楽しめなかったり……。

そうならないためにも、前日の夜はしっかり寝るようにしましょう。

デートでよさをアピール!

一日中デートをすると、これまでは見えてこなかった面が見えてくることも。

もちろんそれはいい面だけでなく、悪い面も……。

彼にがっかりされないよう、しっかり準備してデートを楽しめるといいですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)