好きな人ができて、その思いが募っていくほどつらい思いをすることもあるでしょう。

心のなかでは「報われないかも」と思いながらもあきらめられない人もいるのではないでしょうか。

今回は、女性に「片思いをあきらめた理由」を聞いてみました。

引き際はどこ?片思いをあきらめたほうがいいのは…

本気にされなかったから

「勇気を出して告白したのに、『え?なに?ドッキリ?(笑)そういうのやめてほしいんだけど~』と相手にしてもらえなかったんです。

彼のなかで私はただの友達なんだと思ったら、もう好きでいても意味がないと思ってしまいました」(24歳女性/飲食)

仲がいい友人同士の場合は、こういったパターンもあるようです。

もう一度真面目に告白するのも手かもしれませんが、一度くじかれた心はなかなか元通りにならないことも……。

あきらめて友達として付き合うのも、潔くていいのかもしれませんね。

返信がこなかったから

「待てど暮らせど好きな人からの返信がこなかったんです。好きでいても無駄だと思い、そのままあきらめました」(27歳女性/不動産)

いまやLINEは、2人の距離を縮めるのに欠かせないツールでしょう。

どれだけ忙しい男性でも、好きな女性にはなんとかして返信をするという人も。

長くて1か月待っても返信がなければ、身を引くのもありかもしれません。

都合のいい女にされそうだったから

「私の好きな気持ちを利用して、付き合ってもいないのに『じゃあ今夜うちに泊まっていけば?』と言われたんです。これは都合のいい女にされるパターンだと思ったので、好きでいるのをやめました」(28歳女性/受付)

女性の好意を感じると、付き合いもせず身体の関係を持とうとする男性も……。

一度許してしまうと二度と本命にはなれない可能性が高いので、断ってあきらめるのが賢明なのでしょう。

将来的な幸せを考えて判断できるといいですね。

彼女ができたから

「ずっと片思いしていた先輩に、彼女ができてしまって……。こんなことなら一度くらい食事に誘っておくべきだったと後悔しました」(24歳女性/事務)

片思いのまま自分からアプローチができていないと、その間に彼女ができる……なんてこともあるようです。

彼の幸せを壊さないためにも、あきらめるのがいいでしょう。

潔くあきらめるのもあり

恋は、うまくいくことばかりではありません。

意地や情から、なかなかあきらめられない人もいるでしょう。

しかし潔く諦めたほうが、もっと幸せになれる可能性があります。

自分はどうしたいのか、考え直してみてくださいね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)