彼が忙しくて、なかなかデートの予定が立てられない……。

そんな日々が続くと、そのまま関係が疎遠になってしまいがち。

でも「疲れているときこそ」会いたい女性なら、そんな展開も避けられるでしょう。

今回は、そんな癒やしの女性について具体的にご紹介します。

癒やしの存在♡男性が「疲れているときこそ」会いたい女性とは?

短時間デートも楽しめる

気になる男性が忙しいと、丸一日をかけたような長時間デートは減りがち。

たとえ会えても仕事終わりの1時間だけだったり、週末の数時間デートだったりするでしょう。

そんなときに、女性が時間いっぱい心から楽しんでくれるようなら、「苦労して時間を作ったかいがあった」と思ってもらいやすいはずです。

逆に文句ばかり漏らすと、相手も「会っても疲れるだろうな」と想像し、会う予定自体がなくなってしまうかもしれません。

詮索しない

男性のタイプによっては、疲れているときは、そっとしておいてほしい……と考える人もいます。

そんな男性に対して、「なにがあったの?」「力になりたいから教えて」と詮索されると、くたびれてしまうでしょう。

気になる男性のタイプに合わせて、ただ隣にいたり、1人の時間を作ってあげたりするほうが◎。

すると相手は居心地のよさを感じ、疲れたときこそ、あなたの元へやってくるかもしれません。

要求しすぎない

普段から「あれして」「これして」と要求が多い女性と、疲れているときに会うのはハードルが高いもの。

無意識のうちに、相手のなかで「会えばエネルギーが奪われる」という認識になっているかもしれません。

そのため相手が元気なときにも、あまりワガママを言いすぎないようにするのが大事なポイントです。

日々の積み重ねが、「忙しい合間を縫ってでも会いたい」という強い気持ちに繋がるでしょう。

忙しくても放置されない女性に!

彼に「疲れているときこそ会いたい」と思ってもらうには、会っている時間を充実させるのがポイントです。

会うだけで癒やされ、パワーをもらえるような女性なら、彼もきっと「また会いたい」と思ってくれるはず。

今回ご紹介したポイントを活かしながら、忙しい彼にもっと夢中になってもらいましょう♡

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)