「片思い中の彼とのLINE」って、楽しくもあり悩ましくもあるものではないでしょうか。

LINEの対応次第であなたに好意を抱いてくれたり、逆に嫌われてしまうこともあるかもしれません。

今回は、「片思い中の彼とのLINE」で気をつけたいことご紹介します。

駆け引きはOK?「片思い中の彼とのLINE」で気をつけたいこと

メッセージの長さを合わせる

片思い中のLINEでぜひ試してほしいことが、メッセージの長さを相手に合わせることです。

ここを揃えるだけで、男性と同じテンションでやり取りを進められます。

また、相手から「相性いいかも」「話しやすいな」と感じてもらえるかもしれません。

送られてきたLINEにいつもひと言で返していると、相手から「めんどくさいのかな?」と思われかねません。

一方で、相手からの簡単なメッセージにも長文で返していると、「俺からのLINEを待ち構えてたの?」と不審に思われてしまうかも。

頻度よりも内容に注目

LINEで脈ありかどうかを見るときは、返信の頻度よりも、用件に対する反応で見ましょう。

どうでもいい話題にはすぐ反応してくれるのに、デートのお誘いは既読スルー……なんて場合は、脈なしの可能性が高いでしょう。

逆に、「おはよう」など挨拶LIENはスルーされても、相談ごとにはしっかり対応してくれる場合は、脈ありかもしれません。

他愛のない話がつづくかどうかよりも、会う約束が取れるか、必要なコミュニケーションができるかどうかで判断してみましょう。

LINEでの駆け引きは逆効果

LINEでの駆け引きは逆効果

わざと未読にしたり、時間が経ってから返信をするなど、LINEで恋の駆け引きをするのはあまりおすすめできません。

相手からLINEが来るということは、今なら続けてやり取りができる可能性が高いかもしれません。

返信を遅らせて「この子とはテンポが合わないな」と思われてしまうのは、もったいなことです。

いつも即レスにする必要はありませんが、返せるときはさっさと返すだけで恋は上手くいきます。

返事が遅くて喜ぶ人は普通いません。

素直な態度が大事です。

返事を催促しない

相手からなかなか返信が来なくて不安に思うこともあるでしょう。

しかし、LINEユーザーのなかには、「内容はすぐ確認したいけど返信は落ち着いたときにちゃんと考えてする」「返事できないときに既読をつけてしまうと『なんで返事しないの?』と思われるから絶対に開かない」という人も多いようです。

返信が遅くても、悪意があるわけではありません。

また、あなたに無関心だからとも限らないでしょう。

返信が来なくでも「たまたま忙しいのかな?」程度に考えておいた方が、お互い楽しくやり取りをつづけられるはずです。

「返信が遅い」と伝えたり、そのことを深く考えて脈なしだと早合点するのは避けた方がいいでしょう。

考えすぎないことが大切

好きな人とのLINEだからこそ、駆け引きをしたくなったり返事を気にしすぎてしまうことがあるかもしれません。

勝手な想像から「なんでこんなに返事がないの?」「ほかの人にだけ返事してるの?」など、ネガティブになってしまうことが多いです。

文章だけのやりとりでは相手の顔が見えなくて不安になってしまうことが多いので、直接会って話すことも大切にしてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)