男性が突然女性を好きになってしまうときって、どんなときなのでしょうか。

急に相手のことが気になるきっかけのひとつが「ギャップ萌え」です。

そこで今回は、思わずキュンとした「女性のギャップ」を男性に聞いてみました。

男性の実体験!思わずキュンとした「女性のギャップ」3選

外見が派手なのに家庭的だった

「近寄りがたい派手なギャル系の子がいたんですが、その子の家でみんなで鍋パーティーがあって。

部屋はめちゃくちゃキレイだし、自家製の漬物とか出てくるし、鍋のスープもその子の手作り!意外過ぎて、気づいたら惚れてましたね」(22歳/学生)

見た目と内面のギャップに遭遇したときに、思わずキュンとする男性は多いようです。

それも、見た目は派手系だけど、中身は家庭的だった……というパターンにとくに弱そうですね。

全然イメージに合わなかったぶん、驚きも大きかったのでしょう。

あなたも、なにか「意外な得意技」を持っておくと良いかもしれません。

クールな女性が泣いていた

「職場でいかにも仕事が出来る雰囲気の女性が、給湯室で1人泣いていたのを見かけてしまったことがあります。

それからは見かける度にドキドキして気になりっぱなしです」(29歳/営業)

仕事をテキパキこなしていると、「芯も強くてしっかりした女性なんだろうな」とか「クールだな」といった印象を男性に持たれてしまっていることも。

実際、そのように捉えていた女性が、ひそかに隠れて泣いているのを見てしまったときの衝撃は、わかる気がします。

初めて見た「弱い女性の一面」で、ギャップ萌えしてしまうのは、男の性だと言えそうですね。

チャラそうなのに真面目だった

「色っぽい雰囲気で、男性経験も豊富そうに見えた女性。でも話してみると付き合った男性は2人しかいなくて、考え方もめちゃくちゃしっかりしていて。

勝手な偏見に反省したと同時に、好きになってしまいました」(27歳/販売)

男性は、誘えばすぐに乗ってくれそうな女性に断られたりすると、逆に燃えてしまうことも多いそうです。

同時に、「意外と真面目なんだ」ということがわかって、軽い気持ちだったのが本命になることも。

なかには、自分では意識していなくても、なぜかチャラそうに見られてしまう人もいます。

そんな女性は、機会があったら「私は軽くない」ということを男性に気付かせましょう。

ギャップが武器になる

「ギャップ萌え」とは、まず男性がその人に勝手な印象を抱いていて、それが良い意味で裏切られたときに起こるものなのです。

そのため、計算してギャップ萌えしてもらうのは難しいかもしれません。

「いつも誤解して見られる」という人は、「そうじゃないんだ」とアピールすることで、ギャップ萌えされやすくなるでしょう。

(かりん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)