彼からフラれたけれど、本当はまだ好き……どうしてもあきらめきれず、元カレにアプローチしたいと思うこともあるでしょう。

しかし、やり方を間違うと、元カレに接近するほどに、どんどん関係が悪化することもあります。

一度は好き同士だったのに、最後は憎み合って絶縁するなんて切なすぎますが、恋愛は2人でするもの。

どちらかの気持ちが戻らなければ、赤い糸が再び結ばれることはありません。

今回はそんな、「次に進んだほうがいいサイン」についてご紹介します。

【復縁】可能性は低いかも…「次に進んだほうがいい」サインとは

ほかの女性の話をする

あえて脈なしを理解してもらうために、ほかの女性の話をする人もいます。

話の内容は本当かどうかは場合によるようですが、こう考えて見ると、一度別れたのに、復縁を望まれる男性も苦しいのかも……。

彼のためにも、ほかの恋に目を向けるべきなのかもしれません。

優しくなくなっていく

悲しくつらいことですが、復縁する気がないのに優しい男性よりはいいのかもしれません。

「私が頑張れば、きっと昔の彼に戻ってくれる!」と思えば思うほど、彼からするとプレッシャーなのかも……。

頑張れば頑張るほど、相手の態度は冷たく、そして臨んだものとは違うものになっていくはずです……。

返信がこなくなる

まだ相手を好きでいると、そっけない返信でもうれしくなるものですよね。

でも、返信がこなくなったり、付き合っているときとくらべて返信が減ったりしているのであれば、復縁は難しいと脈なしと考えたほうがいいでしょう。

何度もLINEしてしまうと、そのうちブロック、最悪の場合、第三者を巻き込んだトラブルに発展することもありますよ。

脈なしのサインを感じたら…

交際前の見抜きにくいアプローチって多々ありますが、復縁の脈なしサインは第三者から見てもわかりやすいようです。

彼に尽くせば尽くすほど、いいように利用される可能性が高まるもの。

良い思い出として終わらせるためにも、涙を飲んで彼とは離れるべきなのかもしれませんね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)