職場の先輩は、頼もしくてかっこよく見えることが多いでしょう。

男性からしても、後輩女性はかわいらしくて放っておけない存在だと感じがち。

そこで今回は、男性が後輩社員に「キュンとした瞬間」を4つご紹介します。

男性が後輩社員に「キュンとした瞬間」4つ

アドバイスを実践してくれていたとき

「後輩に企画書の作り方をアドバイスしてあげたら、ちゃんとそれを実践しているのを見かけて……。参考にしてくれてるんだなって思ったら妙にうれしかったですね」(30歳男性/商社)

アドバイスをしたあとに、後輩がそれをちゃんと実践してくれていたら、男性はとてもうれしいはず。

自分の教えを大事にしてくれている姿には、「かわいらしいな」と感じることでしょう。

そんな女性には、「困っているときはまた助けてあげたい」「手を貸してあげたい」なんて気持ちも芽生えるみたいですよ。

頑張っている姿を見たとき

「まだ新人だからうまくいかないことも多いけど、それでも必死に頑張っている姿にはキュンとしますね。思わず応援したくなっちゃいます」(28歳男性/Webデザイナー)

仕事に対して真面目に取り組んでいる後輩女性に、男性の多くは心を奪われます。

なかなか仕事がうまくいかなくても、歯を食いしばって必死に取り組む姿を目にしたら、「応援してあげたい」という気持ちになるでしょう。

すぐに諦めたり投げ出したりするのではなく、「きちんとやるときはやる」という姿勢でいると、あなたの魅力はどんどん増していくはずです。

最初に頼ってくれたとき

「悩んでいることがあると、まず一番に俺を頼ってきてくれるのは、うれしくなる。一番信頼されているのかなって思うかも」(30歳男性/公務員)

自分のことを頼りにしてくれている後輩女性は、男性からするととてもかわいらしく映ると思います。

しかも、誰よりもまず一番最初に自分を頼ってくれると、慕われていると感じてキュンとするはず。

なんでもかんでも頼りっぱなしはよくないですが、困ったときには真っ先にアドバイスをもらいにいくと、師弟関係のような絆を作っていけるでしょう。

「〇〇さんが行くなら」と言われたとき

「みんなでBBQをすることになって、後輩の女の子を誘ったら、『○○さんが行くなら行こうかな』って言われて……。あれにはめちゃくちゃドキッとしましたね!」(30歳男性/コンサル)

飲み会や食事会などに参加するかどうかを聞かれたときには、「○○さんが行くなら行きます」と答えるのがおすすめです。

不意にそんなことを言われたら、男性は確実にドキッとしますし、あなたのことを意識せざるを得ません。

「〇〇さんが行かないのならいく意味がない」とも捉えられるセリフなので、男性はドキッとして、きっと頭のなかがあなたのことでいっぱいになるでしょう。

後輩という立場をうまく使って!

自分のことを尊敬してくれていて、慕ってくれている後輩女性は、男性からするとすごくかわいらしい存在のようです。

「後輩」という立場をうまく使って、素直に頼ってみてください。

気になる彼をたくさんキュンキュンさせちゃいましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)