彼氏と付き合っていて、幸せを感じる瞬間はありますか?

お互いにずっとそう思い合えたら、自然と長続きできるはず。

今回は、男性が彼女といて幸せを感じる瞬間をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

長続きには欠かせない!男性が彼女といて幸せを感じる瞬間はいつ?

小さなプレゼントをもらったとき

誕生日でも記念日でもない、なんでもない日の小さなプレゼントに愛を感じるという男性も。

高価なものである必要はありません。

「彼が好きなお菓子を見つけたから」や「ドライブで助手席に乗せてもらうから」、「仕事頑張ってるから」など、ささいな心遣いが大切なのです。

自分のことを思い、それを形にしてくれる人はなかなかいないはず。

そのありがたみを感じると、幸せな気分になるのでしょう。

長く付き合っているときこそ、小さなプレゼントを意識してみるといいかもしれませんね。

どんな自分でも受け入れてくれたとき

誰しも、ほかの人には言いづらい、知られたくない一面もあるでしょう。

付き合っているからといってすべてをさらす必要はありませんが、なかには信頼しているからこそ知ってほしいという人もいるはず。

そんな一面を見せたときも、変わらず受け入れてくれる相手は、かけがえのない存在になることも。

それ以外でも、デートの行き先を決めるときなどに意見を言っても聞いてくれるなど、等身大の自分をそのまま受け入れてくれるかどうかも大切なようです。

どちらかいっぽうだけでなく、お互いにそう思い合えるといいですね。

ほめてくれたとき

どれだけ付き合いが長くなっても、ほめられるとうれしさを感じる人がほとんどでしょう。

心で思っていたとしても、伝えなくては意味がありません。

「いつもかっこいいと思ってるよ」や「そういう優しいところ好き」など、積極的に口に出していくといいかもしれません。

自分をほめてくれる人には「もっとほめてほしい」と思い、さらなるやる気を見せてくれることも。

お互いに「素敵なパートナーだ」と思い合えると、素敵なカップルになれるはずですよ。

歩み寄りが大切に

長続きできる恋愛をするには、お互いに幸せを実感し合うことが欠かせないのかもしれません。

付き合っていくのに、一人で幸せを感じるのは難しいでしょう。

思いやりの心を忘れず、2人で幸せを作っていけるといいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)