大好きな彼とお別れしてしまい、後悔している……そんな経験ありませんか?

ささいなことで別れてしまったけどヨリを戻したいと願っている人が、ぜひ知りたいであろう「復縁するきっかけ」。

そこで今回は、元カレと復縁したいときに大切にしたいきっかけを3つご紹介します。

元カレと復縁したいなら!大切にしたいきっかけ3つ

久しぶりに一緒に飲んだとき

「別れてからも、彼とは職場でたまに顔を合わせる機会がありました。『最近どう?』と会話する程度だったのが、気づいたらだんだんと昔のように色々な会話をするように。

同僚が仕事でのミスの埋め合わせで飲み会を開いてくれたときには、飲み過ぎたわたしを彼が介抱してくれました。

その優しさにキュン!彼は『危なっかしいから、また彼女になって』と言ってきてくれて……わたしも迷わずOKしました。」(27歳女性/金融)

たくさん顔を合わせる機会があるほうが、「単純接触の原理」という心理効果によってより親密な関係になりやすいです。

お別れしてからも適度に顔を合わせる距離感だと、復縁できる可能性も高まるでしょう。

頻繁に連絡をとっているとき

一番多く挙げられたのが、相談相手として彼と連絡を取り続けているときです。

お付き合いしていた当時の気持ちのままで、色々な相談を受けたりしたりすることによって、お互いの必要性を再認識できるようです。

「彼とケンカして別れちゃいましたけど、それからも彼とは連絡を取り続けていました。

だんだんと、付き合っていた頃みたいなペースで連絡するようになって、彼のほうから『俺たちって、まだ付き合ってるみたいじゃん。別れた意味あったのかな』と関係について迫る内容がきたので、復縁!

ちょっとでも未練のある相手とは、完全に連絡を絶たないほうが復縁のチャンスがあると思います」(26歳女性/化粧品販売)

彼のことを忘れようと連絡先を消す人も多いですが、あえて連絡を取り続けて復縁の機会を伺うのもありかもしれません。

共通の知り合いがいる場で再会したとき

「もう直接連絡を取ってなかったんですけど、同級生の集まりで海の日にバーベキューに誘われて……で、行ったら元彼もその場にいたんです。

久しぶりに会ってちょっと照れくさかったけど……一緒にお酒を飲んで話してみて、やっぱり彼といると居心地がいいなと思ったんです。

彼もそう思ってくれたみたいで、帰り際に『もう一回付き合わない?』と告白されました。このバーベキューを設定してくれた友達に感謝です(笑)」(24歳女性/IT関連)

共通の友人や知人によって、偶然再会するパターンも多いようです。

たくさんの人がいるなかで、お互いのペースが合うとまた意識してしまうもの。

彼からすると、「もう一度やり直せばうまくいくかも……」と考えるタイミングになるのかもしれません。

本当に好きな相手なら諦めないで!

一度の人生、最高のパートナーと結ばれてくださいね。

「なんで別れちゃったんだろう……」と後悔しているのなら、復縁を目標にアクションを起こしてみませんか?

最良のパートナーと結婚するために、復縁できる環境を整えてみても良さそうです。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)