彼氏との付き合いが長くなったり、周囲でも結婚する人が増えてきたりすると、だんだん結婚を意識しはじめる方もいるはず。

男性はいったいどんなときに結婚を意識するのでしょうか。

今回は、男性が「この子と結婚したい!」と感じる瞬間をご紹介します。

将来が想像できる!男性が「この子と結婚したい」と感じる瞬間

手料理を食べたとき

「デートでお花見に行ったとき、彼女が手作り弁当を持ってきてくれたんです。デートは外食ばかりだったから手作りご飯は初めてで。

サンドイッチにから揚げ、卵焼きとポテトサラダみたいなお弁当だったんですけど、涙が出るほどうまかったんです!毎日このご飯が食べたいと、結婚したい気持ちが湧いてきました」(28歳男性/メーカー)

結婚すると、毎日三食をともにすることになります。

料理を女性まかせにするわけでなくても、美味しいご飯を作れる彼女には胃袋をつかまれるという男性も。

お花見やピクニックだけでなく、お家デートで一緒に料理を作ったりするのもいいかもしれませんね。

子どもをかわいがっている姿を見たとき

「俺が結婚を決めたのは、水族館で楽しそうにはしゃいでる子どもを笑顔で見つめる彼女を見たときですね。

それまで子どもの話はしたことなかったけど、優しいお母さんになりそうだなーって、結婚後の生活を想像してしまいました」(32歳男性/公務員)

子ども好きな男性や子どもがほしい男性は、彼女が子どもをかわいがる様子を見て結婚を意識することも。

デートで子どもを見かけたらほほえましそうに見つめたり、一緒に遊んだりするといいかもしれません。

自然体な姿に心をつかまれる男性も多いようですよ。

笑顔で喜んでくれたとき

「食事は基本俺がおごってるんだけど、毎回『ごちそうさま!』って笑顔を見せてくれる彼女……めっちゃかわいいです。

プレゼントもあげるたびにすっごい笑顔で喜んでくれるからうれしくて。もっと笑顔にさせてあげたいなって、気付いたら婚約指輪買ってました(笑)」(26歳男性/商社)

男性のなかには、女性を喜ばせるのが好きな人も。

ただ尽くして終わりではなく、笑顔で喜んでくれる姿を見ると、「もっと喜ばせたい!」と思うようになるのだとか。

恥ずかしがったり謙遜したりせず、素直に笑顔でお礼を伝えるのがいいのかもしれませんね。

節約上手な面を見たとき

「彼女の家でデートしたとき、残り少なくなったマヨネーズの容器を切ってスプーンですくって全部使い切っていたのを見かけたんです。

所帯じみてるといえばそうなんですけど、食材を無駄なく使い尽くそうという感じが自分的に好印象で。安心して家計を任せられそうだなって思って結婚を決めました」(35歳男性/自営業)

結婚するとなると、お金の問題を懸念する男性も多いようです。

そのため、多少ケチに思えることでも、しっかり節約している面を見ると好感度が上がることも。

付き合っているときは気にしていなくても、結婚相手は安心して家計を任せられる人がいいという意見が目立ちました。

日ごろから堅実さを意識しているといいかもしれませんね。

結婚を意識させるには…

彼氏との結婚を実現させたいのなら、さまざまな角度から結婚を意識させてみてはいかがでしょうか。

結婚後の明るい未来を想像させられることができれば、プロポーズまであと少しでしょう。

今回ご紹介した内容を参考に、素敵な女性を目指してくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)