LINEは便利なコミュニケーションツールですが、使い方を間違えると嫌われることも。

気になる彼にLINEでアプローチをするときには要注意です!

今回は、気になる男性に送ってはいけないLINEをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

意外とやりがち!気になる男性に送ってはいけないLINE

内容がない

気になる男性とはずっとLINEのやり取りを続けたいという方もいるのではないでしょうか。

だんだん話題がなくなってきても、無理やり続かせようと内容のないLINEを送る……なんて経験はありませんか?

なんでもない日常の報告をしたり、一方的に好きなものの話をしたりなど、自分中心なLINEは既読無視されやすいようです。

これを送ったら相手はどう思うのかを考えてから送るようにしましょう。

返信を待たず追撃

LINEを送ってから、まだ既読がついていなかったり返信が来ていなかったりする段階でまたメッセージを送るのはNG。

こうしたLINEは、「追撃LINE」ともいわれているようです。

ほかの話題を提供でも、相手の反応がない状態ではしつこさを感じさせることも。

急ぎでない場合は、彼からの返信を待ってから送るようにしましょう。

しつこい長文

普段言いにくいことを言えたり、いつでも遅れたりするからといって、LINEありきのアプローチになるのは危険かもしれません。

LINEはあくまでもサブツールとして頼るくらいに留めておくのがいいでしょう。

しつこくメッセージを送ったり、長文を送ったりすることで、男性の気持ちが離れていくことも。

LINEをしなかったときの方が印象がよかった……なんてことは避けたいですよね。

執着しすぎないよう、気を付けましょう。

使い方に気を付けよう!

LINEはいまや関係を発展させるのに欠かせないツールでしょう。

誰にでも簡単に使えるからこそ、誤った使い方をしやすいのもまた事実です。

上手に使いこなして、彼との距離を縮められるといいですね。

(松本ミゾレ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)