気になる男性ができても、自分から積極的にアプローチするには勇気がいりますよね。

しかしなにもせず立ち止まったままでは、このまま進展できない可能性も。

今回は、男性をドキッとさせるアプローチをご紹介します。

できることから取り入れてみてくださいね。

たまには勇気を出して♡男性をドキッとさせるアプローチ

笑顔でほめる

「職場の忘年会のとき、隣に座ってた女の子に『○○さんってすごく頼りになりますよね』って、突然笑顔で言われてドキッとしました。

それまでなんとも思ってなかったけど、それ以来なんかすごく気になって目で追っちゃうんですよね……」(28歳男性/メーカー)

男性は、女性からふいにほめられると、それだけでドキドキすることもあるのだとか。

日ごろから彼を観察し、いいところを見つけておきましょう。

お酒の力を借りれば、サラッとほめられることも。

いつもは見せないほんのり赤くなった顔に、さらにドキッとさせられるかもしれませんよ。

ボディタッチ

「仕事帰りに行った合コンで、暑かったからシャツを腕まくりしてたんです。そしたら、向かいの女の子に『スポーツしてるんですか?私腕フェチなんです。筋がたまんないです』って言われて、自分でわかるくらい顔が真っ赤になってしまいました……。

『ちょっとだけ触ってもいいですか?』って恥ずかしそうに触れられると、俺に気があるのかなと思いながらもうドキドキが止まらないです」(32歳男性/SE)

ボディタッチは定番のアプローチ方法ですが、効果は絶大なようです。

ただ、どこでも触ればいいというわけではありません。

彼が自信ありそうなところや、触れても違和感がない手や腕から始めるといいかもしれません。

ほめ言葉も合わせると、さらにドキドキさせられそうですね。

デートの別れ際に「一緒にいたい」

「共通の趣味という理由で、職場で仲のいい女性と野球観戦に行きました。夜7時過ぎには試合が終わり、試合前にランチもしてたからそのまま解散かなと思ってたら、『楽しかったなぁ、なんか寂しいからもうちょっとだけ一緒にいてもいいですか』って言われてキュンとしました。

前からいい子だなと思ってたけど、それ以来一気に気持ちが大きくなりましたね」(29歳男性/コンサル)

デートの別れ際は、楽しければ楽しいほど名残惜しさを感じるもの。

「もう少し一緒にいたい」と言われると、思わずキュンとするという男性も。

恥ずかしくて言いづらいときには、「楽しかったからまだ一緒にいたいな」と冗談っぽく笑顔で言ってみるのもいいかもしれません。

勇気を出すことも大切!

いつもは勇気が出なくてアプローチできない……という人も、ここぞのタイミングでは思い切って行動してみてはいかがでしょうか。

少しの勇気が、大きな変化をもたらすかもしれません。

彼に思いを届けられるよう、試してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)