恋人や気になる彼とのお泊りデートとなれば、気合が入る女性も多いでしょう。

普段見られないレアな一面に、2人のドキドキ感が高まることもあるはず。

ただその一方で、ちょっとしたことで幻滅されやすいのも、覚えておきたいポイントです。

今回は、男性に「お泊りデートで幻滅したポイント」について聞いてみました。

ドン引き…男性に聞いた「お泊りデート」での幻滅ポイント4つ

断固としてすっぴんを見せない

「元カノが一切すっぴんを見せてくれない人でしたね。
半年付き合って、結局1回も見ないで別れちゃいました。

なんか心を開いてくれていない感じがして、結構ショックでした……」(28歳男性/フリーエンジニア)

すっぴんが別人級というのもショックですが、まったくすっぴんを見せてくれないというのも、男性が幻滅するポイントのようです。

素顔に自信がない場合も、素顔ふうメイクをするなど工夫してみるのが吉。

もしくは一度さらしてしまえば、案外慣れて、素の自分をどんどん出していけるかもしれませんよ。

出したものをしまわない

「元カノと付き合い立ての頃、温泉旅館に泊まったんだよね。
そのときスーツケースは開けっ放しだわ、アメニティの袋はゴミ箱に入れないわで幻滅しました。
この子、絶対部屋汚いだろうなって確信した」(30歳男性/営業)

お泊りとなると、その開放感からいろいろなものを出しっぱなしにする女性も多いでしょう。

ただその様子を見て、ひそかに幻滅している男性もいるようです。

メイクを落とすと別人

メイクを落とすと別人

「いまカノは、かなりメイクで化けるほうなんです。
いまは見慣れちゃったけど、初めてメイクを落したときは変貌っぷりにかなり驚きましたね。
正直なところ、コメントに困った」(30歳男性/IT)

すっぴんを見せるのって、人によってはなかなか勇気のいることですよね。

とくに普段メイクが濃いめの女性は、すっぴんとメイク後のギャップに驚かれることが多いようです。

彼と付き合い始めてから徐々にメイクを薄くすることで、耐性をつけてもらえば、驚かれずに済むかもしれませんね。

手料理が口に合わない

「彼女の家で夕飯を作ってもらったんだけど、あまりに口に合わなくて……。
作ってもらって悪いから全部食べたけど、正直かなりしんどかったです」(30歳男性/広告)

普段料理をしない女性も、お泊りデートとなると台所に立とうとする人がいますよね。

ただ目分量が掴めなかったり、時間がかかったりと上手くいかない可能性があります。

ですから、もし料理に苦手意識があれば、無理に振る舞おうとしなくてもいいかもしれません。

ある程度の緊張感を持つのが吉かも

好きな人とのお泊りとなると、ドキドキするでしょう。

ただその「いい緊張感」は、あえて保ったほうがデートが上手くいくかもしれません。

リラックスして楽しむのは、関係が安定してからでも遅くないでしょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)