デートや何人かでの飲み会のあと、お礼のLINEを送り合うこともあるでしょう。

そのとき、男性から「また誘って!」と言われたことはありませんか?

今回は、男性に「また誘って!」と言われたときの対処法を3つご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

本気?社交辞令?男性から「また誘って!」と言われたときの対処法3つ

何気ないやり取りをはさむ

お礼のやり取りが一通終わったら、別の話題を話したりLINEのやり取り自体が終わったりすることもあるでしょう。

「また誘って!」と言われたからといっても、すぐにお誘いをするには抵抗がある方もいるはず。

まずは他愛もないやり取りにシフトするのがいいかも。

何気ないやり取りを経て彼の反応を見て、乗り気なようならお誘いしてみましょう。

「今度新しく○○のお店できるらしいよ!」や、「前話してたあのお店行かない?」など、自然に誘うことを意識してみてはいかがでしょうか。

別の話題を振る

お誘いをしたのに「予定確認するね!」と言われたまま話が流れたら、脈なしなのかとあきらめてしまいそうですよね。

しかしなかには、そのまま忘れたり、予定を調整したりしている男性も。

その話題が終わった場合、まったく関係のない話を振ってみるのもいいかもしれません。

男性が本気なら、「あ、そういえば予定まだ送ってなかったね」と話を戻してくれることも。

そのまま別の話題が盛り上がって終わるようなら、社交辞令だった可能性があります。

反応を見て、本気度をたしかめましょう。

とりあえずすぐ誘う

「また誘って!」と言われたあとは、デートでもグループでの飲み会でも、とりあえずお誘いをしてみるのもいいかもしれません。

すぐに行動に移すことで、真面目な人柄や真剣な思いが伝わるはず。

ポイントは、誘ったあとは深追いをしすぎないことです。

「予定わかったら言うね」や「今度ね」と言われると、予定が確定するまでは不安になることも。

そこでしつこくメッセージを送るのはNG。

誘ってから10日前後は待つ覚悟でいましょう。

その真意を見極めて

楽しい時間を過ごしたあとに「また誘って」と言われると、脈ありなのかと舞い上がりがちに。

しかしここで期待しすぎるのは危険かも。

その後の彼の反応から、社交辞令か本気かを見極めるようにしましょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)