恋人がいない人の部屋を見ると、片付いていない傾向があるようです。

訪問してくる人がいないからなのかもしれませんが、毎日過ごす部屋はキレイにしていたいもの。

今回は、部屋を片付けられない人の特徴をご紹介します。

非モテの原因?部屋を片付けられない人の特徴は…

なんでもものに頼る

部屋にものがあふれている人は、ものに頼りがちなようです。

たとえば、自己啓発本やお守りグッズ、パワーストーンにダイエット器具など……。

それらのものに頼ることで、自分を律することもあるのでしょう。

しかし買って、飾って、満足するだけでは、物は増えていく一方です。

購入前に自分に必要なものなのかを考えたり、買ったものを大切に扱ったりするよう意識してみましょう。

捨てられない

買い物はするのに断捨離はしない状態では、ものは増えていくばかりでしょう。

「あのときの思い出だから……」や「いつか使うかもしれないから……」と言ってものを捨てられない人もいるはず。

ここ1年間、それに触れたことはあるでしょうか。考えてみてください。

思い切って断捨離をすると、気分もスッキリするかもしれませんよ。

だらしない

だらしない

部屋が汚い人は、知らず知らずのうちにものの捨てどきを見逃している可能性があります。

一度片付ける習慣がつくと、今まで見落としていたことに気付きやすいくなるのだとか。

ストッキングの伝線やニットの毛玉など……人によっては「だらしない」と思われる部分がわかるようになることも。

片付けを習慣化することで、つねに清潔感がある人になれるはずですよ。

毎日スッキリ!

「部屋の乱れは心の乱れ」というように、その人の心や性格を表していることも。

意識して部屋をキレイにしてみると、新たな自分に出会えるかもしれませんよ。

スッキリとした気持ちで毎日を過ごしましょう!

(菊乃/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)