付き合いが長くなると、遠慮がなくなってしまうもの。

ワガママな言動が積み重なってくると男性に「疲れた」と思わせてしまうかもしれません。

かく言う筆者も、ついやってしまうことがあるのですが(笑)

そこで今回は、男性が「一緒にいると疲れる」と感じる女性の言動をご紹介します。

うんざりする…男性が「一緒にいると疲れる」と感じる女性の言動3つ

執拗に問い詰める

彼が遅刻をしてきたときに、彼は謝っているのに「なにしてたの?」「なんで遅刻したの?」と感情任せに追及していませんか?

ほかにもケンカの途中に彼が黙ってしまうと、「なに考えてるの?」「どう思っているのよ!」と問い詰めるなど……。

これって、男性にとっては、これがかなり苦痛な時間のようです。

答えたところで結局怒られる……というのがわかっているので、イヤになってしまうようですね。

何度もしつこく責めるのは避けたほうがいいでしょう。

マイルールを押し付ける

日常生活のなかでも、ついついルールや決まりを彼に押しつけがちな人は、要注意です。

「デートに遅刻するときは、30分前までに連絡をする」など、細かくたくさんのルールができていくとだんだん疲れてしまうでしょう。

危険なことや困ることに関しては、ある程度ルールや約束事が必要ですが、それが「自分ルール」に偏りすぎていないか注意しみてください。

彼がそれを守れるタイプであれば、そもそも失敗していないはずです。

無理な要求をしていないか見直してみてくださいね。

おせっかいを焼く

彼がなにか失敗をしたときに、原因を追究し、改善点をあげさせるなど徹底していると、彼は「逃がしてくれない」と感じてしまいます。

一生懸命彼の失敗の尻拭いをしているのに、彼のほうは「余計なお世話だな」としか感じていない……。

これって、なんだかあまりいい状況ではありませんよね。

「やりすぎる」より「放置」のほうが案外どっちも楽ですよ。

おせっかいを焼きすぎず、少しだけ視点を切り替えてみてはいかがでしょう。

ほどよい距離感が大切

一生懸命彼に向き合っているのに、それで「疲れた」と言われるなんて、あまりにも理不尽すぎますよね。

ただ裏を返せば、距離が近くなりすぎている証拠かもしれません。

お互いに疲れないために、ほどよい距離感を意識してみてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)