男友達として接していた相手からまさかの告白……!

どうしても異性としては意識できない相手からの告白の場合、どう返事をしていいのか迷いますよね。

今回は、男友達に告白されたときの断り方をご紹介します。

気まずくなりたくない…男友達に告白されたときの断り方

「冗談でしょ?」

真剣に告白してくれていても、OKはできないし断って友達を失うのもいやだ……というときにはこの方法がいいかもしれません。

思いをないがしろにするのは心苦しいですが、友人関係を続けたいのならやむをえないことも。

会話の流れやフランクな状態で告白をされたのなら、冗談だととらえやすそうです。

ただ、相手を傷つける可能性があることは忘れずにいましょう。

「友達として大切にしたい」

男友達としか考えられない相手からの告白では、思い切って「友達として」という思いを伝えるのもいいでしょう。

あやふやにしたままではかえってお互い気まずくまることも。

言いにくいときには、「友達としてしか見てなかったからびっくりした」と遠回しに伝えるのもいいかもしれません。

「ほかに好きな人がいる」

きっぱりあきらめがつきやすいのは、「ほかに好きな人がいる」と断られたときかもしれません。

本当に好きな人がいるかは別として、断るときだけに使うのもいいでしょう。

さらに、「気持ちはうれしいけど、これからも友達として仲良くしていきたい」と伝えてみてはいかがでしょうか。

覚悟が必要かも

なんとも思っていなかった男友達からの告白には、どう返事をすればいいのか迷う人が多いはず。

相手も自分も傷付かずに断るのはほぼ不可能だと思ったほうがいいかもしれません。

彼も覚悟のうえ告白をしているでしょう。

真剣な気持ちには真剣に応えるよう意識できるといいですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)