キスは、恋のドキドキ感を高める重要なスキンシップの一つ。

でも、自分から「キスして?」と言うのはなかなか勇気がいるものですよね。

そこで今回は、男性に「思わずキスしたくなる瞬間」について聞いてみました。

男心を把握して、彼からたくさんキスしてもらいましょう♡

男性に聞いた!「思わずキスしたくなる」瞬間って?

じっと見つめられたとき

「好きな子からなにも言わずにジーっと目を見つめられると、ドキドキします。
それが上目遣いなら、なおさらキスしたくなりますね」(27歳男性/証券)

「目が合って、逸らさずにじっと見つめられると『キスして欲しいのかな?』って思います。
ここでキスしないと男じゃない!って思って俺からキスします」(25歳男性/イベント)

女性にじっと見つめられると、ドキドキが止まらない男性は多いようです。

とくに熱い視線を感じると、多くの男性は、考えるより先に体がキスを求めるのかもしれません。

「キスして」と言葉にする代わりに、まずはじっと見つめてみてくださいね。

泣き顔を見たとき

「彼女とケンカしたとき、涙をぬぐっている姿が愛おしくて。
『ごめん』って言いながら、思わず抱きしめてキスしました」(27歳男性/マスコミ関係)

「好きな子が『会社でトラブルがあって……』と俺の前で泣き始めたんです。
『カッコ悪くてごめん』と必死で涙を止めようとする姿にグッときて、キスしたくなりました」(33歳男性/銀行員)

泣くといっても、号泣している姿には男性も困ってしまうかもしれません。

ただこの女性のように、ほろりと涙を流す姿には「守ってあげたい欲」をくすぐられる男性が多いようです。

その結果、思わずキスをしたくなる男性もいるようですよ。

照れている姿を見たとき

「恥ずかしそうに頬を赤らめうつむく彼女の姿に、たまらなく愛おしい気持ちが湧いてきます。
もっとその顔が見たくて、僕からキスをすることが多いです」(28歳男性/アパレル)

「気になる子に『○○さんのそういうところ好き』って言ったら、照れてそっぽを向いたんです。
照れるってことは、少しは僕のこと意識してるのかなって嬉しかったですね。
付き合ってたら、あのときは絶対キスしてました」(23歳男性/大学院生)

女性が照れたり恥ずかしそうにしている姿に、グッとくる男性は多いようです。

とくに手で顔を隠したり、うつむいたりする様子は、もっと照れ顔が見たい!という男心を刺激します。

その結果、唇を奪おうとする男性もいるのでしょう。

「好き」と言われたとき

「彼女にとびっきりの笑顔で『好きだよ』って言われたときは、思わずキスしたくなります。
『俺も大好き』の気持ちを込めて、ね。」(30歳男性/公務員)

「真剣な顔で『好きだよ』って言われたときにはドキッとしましたね。
僕からも真剣な気持ちを伝えるためにキスしました」(33歳男性/カフェ経営)

いろんな愛の言葉を伝えるよりも、たった一度の「好き」が効果的な場合があります。

そんなストレートな愛を受け取った男性は、その気持ちに応えるようにとキスしたくなるようです。

キスしたくなる瞬間を作るのもアリ

とくに付き合っていない場合は、ストレートに「キスして!」と伝えるのが難しいもの。

そんなときは、今回ご紹介したようなシチュエーションを意図的に作ってみるのも一つの手です。

少しずつ試して、もっと相手からキスしてもらいましょう♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)