好きな人と仲良くなろうと頑張っていたはずなのに、気付けば女友達として定着していた……なんて経験はありませんか?

いつも本命にはなれない女性には、どんな原因があるのでしょうか。

今回は、本命から遠ざかるデートの特徴をご紹介します。

当てはまるところはないか、チェックしてみてくださいね。

気付けばただの女友達に…本命から遠ざかるデートって?

理由がないと会わない

最初のうちは、なにかと理由をつけてデートに臨むこともあるでしょう。

「この映画見たいから」や「買い物付き合ってほしいから」など、毎回のデートに目的があると、「誘いやすい友達」になりがちに。

恋人とは、「理由がなくても会いたい」と思うものなのではないでしょうか。

理由を作って会うのが当たり前になると、それ以上の感情にはなりにくいのかもしれません。

ただ割り勘するだけ

付き合う前のデートでは、割り勘になることも多いはず。

そのときのお金の渡し方次第で、友達以上になれるかが分かれることもあるのだとか。

ただ「はい」とそっけなくお金を渡すのはグレーゾーンかもしれません。

「割り勘がいやなのかな」と思わせる可能性があります。

「美味しかったね!」や「今度は○○食べたいね」など、前向きな言葉があると恋人候補に近付けるはずですよ。

長時間一緒にいる

好きな人とのデートでは、少しでも長い時間一緒にいたいと思うものでしょう。

しかしだからといって、ダラダラ一日中デートすると友達止まりになりやすいことも。

少し名残惜しさを残すと、「また会いたい」「これって恋なのかな」と意識させられる可能性があります。

こまめに短時間デートを重ねるのが本命への近道なのかもしれませんね。

話題はその場にいない人のこと

好きな人とのデートでは、なにを話せばいいのか戸惑うという人もいるのではないでしょうか。

それでも、その場にいない人の話ばかりするのはNG。

「噂好きなのかな」と思われたり、「俺に興味ないのかな」と誤解させたりすることも……。

デートではお互いの話をするよう心がけてみましょう。

何気ない言動に気を付けて!

デート中に何気なくしたことがきっかけで、友達コースに反れてしまうことがあるようです。

仲良くなることは大切ですが、友達としての仲を深めすぎないようにしましょう。

女友達から本命になれる可能性もあるので、あきらめずにアプローチし続けるのもいいかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)