好きな人ができると、なんとかしてアプローチをしたいと思う人がほとんどでしょう。

勇気がでなかったり、アプローチ方法がわからなかったりすることも。

今回は、気になる男性に好意を示す言葉をご紹介します。

アプローチに役立ててみてくださいね。

自然にアプローチ♡気になる男性に好意を示す言葉

「一緒にいると楽しい」

男友達と一緒にいて「楽しい」と思うことはあっても、改めてその気持ちを伝えることはないかもしれません。

だからこそ気になる男性には「一緒にいて楽しい」という思いを伝えることが大切です。

改めて伝えることで、意識させられる可能性がありますよ。

「あー幸せ」

2人きりでいるとき、つぶやくように「あー幸せ」と言ってみましょう。

美味しいものを食べているときや、思いっきり爆笑したあとになら、自然と言いやすいはず。

彼は「幸せってどういう意味だろう」と、あなたのことが頭から離れなくなるかもしれませんよ。

「好きな人いるの?」

「好きな人いるの?」は、ただの質問だと思っていても、異性に言われるとドキッとすることもあるはず。

「いない」ということがわかれば、「どんな人がタイプなの?」や「いつからいないの?」などと深く聞いてみるのもいいかもしれません。

興味があるという姿勢を示すことを意識してみましょう。

「そういうところ好き」

直接「○○くんのことが好き」とは言えなくても、なんとかアピールしたい……というときには、彼の性格や持ち物をほめてみましょう。

優しくしてもらったり、前向きな言葉をかけてもらったりしたときに「ありがとう、そういうところすごい好き」と伝えると言いやすいかも。

「好きってどういう意味?」と、彼をドキドキさせられるはずですよ。

自然に使えるように

好意を示す一言を言うときには、「じつはさ……」や「ずっと思ってたんだけど……」など前置きはしないほうがいいかもしれません。

改まった雰囲気になることで、変に気まずくなってしまうことも。

会話の中で自然に言えるよう、意識してみましょう。

(オルカ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)