気になる男性とデートしたとき、彼がどれほど本気なのかは気になるところ。

デートのとき本命女子に見せる言動と、その他の子に見せる言動では、たしかに違いが見られます。

特徴的なのは「別れ際」。

今回は、デートの別れ際に男性が「本命女子だけに見せる言動」をご紹介します。

ここに差が出る!本命女子だけに見せる「デートの別れ際」の言動3つ

LINEする約束を取り付ける

「好きな子とは、デートから帰っても接点が欲しいんですよね。
だから『家着いたらLINEして?』って言うようにしてます。
LINEのきっかけになるから、もっと仲良くなれる気がします」(27歳男性/銀行)

好きな人とは、デートが終わったあとも接点を持ち続けたい!と考える男性は多いようです。

そのためこの男性のように、「家に着いたら連絡してね」とLINEでのやり取りを約束するのでしょう。

他には「帰ったら連絡していい?」なども同様の心理です。

なかなか解散しようとしない

「本命の子とのデートの帰り際は、寂しくて『もうちょっとだけ一緒にいない?』って言って引き止めちゃう。
だって、本当にもっと一緒にいたいんだもん」(24歳男性/営業)

本気で好きな人と一緒にいると、何時間あっても足りないような気持ちになるもの。

ですから解散の雰囲気になっても彼が引き止めようとするときは、期待してもいいかもしれません。

ただ女性側から話を振っている場合は、話に付き合ってくれているだけという場合もあります。

男性側から新たな話題がポンポンと出るなら、「まだ一緒にいたい」という気持ちの表れでしょう。

「次回」の話をする

「次のデートに誘うときは、最初のデートの別れ際に『次は○○に行こうよ』と誘うと成功率が高いと思います。
それほど、その子とガチでデートしたいときしか言わないけど」(26歳男性/IT)

デートの別れ際に、次回のデートの話題が出たり、次に会える日を聞かれたりするなら、本命度は高めです。

食い気味に次のデートに誘おうとするほど、本気で関係を進展させたいという証拠ですから。

「次回の話」は別れ際だけでなく、デートの最中に言われる可能性もあります。

たとえば「いつか行きたいお店」の話題から、「じゃあ来週行ってみない?」なんて聞かれる場合です。

こういった場合も、相手との関係を進めたい場合は、素直に日程調整を進めるのがベターです。

別れ際の言動をヒントにしてみて!

デートでなかなか本気度が見えない男性も、別れ際の些細な言動から「好き」の気持ちを読み取ることができます。

本命だけに見せる言動をヒントに、相手との関係をグッと深めていきましょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)