「彼氏にはこうであってほしい!」という思いが強まると、つい相手に期待しすぎてしまうこともあるのではないでしょうか。

期待するばかりでなく、自分の手で素敵な彼氏に導くのも一つの手段かもしれませんよ。

今回は、「理想の彼氏」に成長させる方法を3つご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

なにもしないのはもったいない!「理想の彼氏」に成長させる方法3つ

うれしい気持ちを伝える

男性のなかには、彼女がなにに喜び、うれしさを感じるのかイマイチピンとこないという人も。

なにかをしてもらうたびに「ありがとう」と伝えることも大切ですが、うれしい気持ちを表現するのもポイントです。

いつもより意識して「うれしい」「これをしてくれて感動した」と伝えるようにしたり、うれしそうな様子を見せたり……。

彼も「これをすると喜んでくれるんだ」というのがわかると、もっと喜んでもらうために頑張ろうと思えるのだとか。

ささいな行動にでも、うれしさや感謝を伝える用にするといいかもしれませんね。

彼を立てて頼る

彼氏にはスマートに気遣いしてほしいと思うのなら、ただ待っているだけではもったいないかもしれません。

「彼を立てて気遣いをしてもらう」ことを繰り返すうちに、気遣い上手になっていく男性もいるようです。

食事デートのときには「これ食べたい」と言って相談は一緒にしつつもオーダーは彼に任せたり、少し重いものを持っているときには「持つの手伝ってもらっていい?」とお願いしたりするといいかも。

少しずつ気遣いをマスターしてもらうべく、上手に頼っていきましょう。

そっけなくする

付き合いが長くなり、2人の関係に慣れが生まれ始めると、彼が「仕事で忙しい」や「その日は会えない」などと言うようになることもあるはず。

不安になって「なんで会ってくれないの?」や「私に気持ちをわかって!」と言うのではなく、あえてそっけなく対応するのがいいかもしれません。

寂しい気持ちを伝えながらも、それほど連絡したりしないようにしたり、会いたがらないようにしたり……。

「放っておくと離れていくかも」と思わせられれば、彼も忙しいなりに大切にしてくれるはず。

怒ったりすねたりするよりも、冷静に対応する方が結果としていい関係を築ける可能性がありますよ。

成長し合える関係を目指して

彼氏が理想でないことを嘆くよりも、自分の手で導いてみてはいかがでしょうか。

人はそうすぐに変われるものではないので、時間がかかることも。

ゆっくり時間をかけながら、お互いに成長していけるといいですね。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)