普段から一緒にいる女友達であっても、ふとしたきっかけで仲が悪くなることもあるでしょう。

とくに恋愛が絡んでくると、より顕著かもしれません。

女友達のなかで自分だけ彼氏がいる場合には、色々と発言に気をつけなければいけませんが、気遣わずに話すと嫌われてしまうことも。

そこで今回は、「女に嫌われる女」に共通することをご紹介します。

同性ウケ最悪?「女に嫌われる女」に共通すること

周りへの彼女アピールがすごい

付き合った途端に、「彼の彼女は私です!」とアピールするかのように、手作り弁当を持たせたりペアリングをつけたりする女性も少なくないでしょう。

でもこれは要注意なんです。

最悪の場合、周囲の女友達は自分たちへのあてつけだととらえてしまう可能性があります。

付き合い始めたからといっても、いままでと変わらない接し方をするよう心がけましょう。

のろけ話を頻繁にする

聞いてもいないのに「今度の週末は2人で○○に行くんです~」や「彼が○○で困っちゃいます~」などのろけ話を自分からする女性もいるでしょう。

それを聞かされている人は皆、苦笑いを浮かべながら相づちを打っているかもしれません。

皆さんもそんな光景を見たことがあるのでないでしょうか?

なんとも言えない気まずい雰囲気がその場に流れていることもあると思います。

誰にでも彼とのことをペラペラ喋るのは、自慢話に聞こえるので注意した方が良さそうです。

周りへの配慮がない

周りへの配慮がない

周りの女友達はあなたが付き合ったことで、自分たちの憧れの男性を取られた気分になっているかもしれません。

その状況でさらに、ほかの男性とも仲よくしていると、「なんであの子ばっかり!」と嫉妬はどんどん膨れ上がっていくでしょう。

根も葉もない噂を流されたり、女友達から距離を置かれたりする可能性もゼロではありません。

彼氏以外の男性との接し方にも、気を配ったほうが無難です。

自分ではそんなつもりはまったくなくても、周りからは気が多い女性だと思われるかもしれませんので気をつけてくださいね。

周りへの配慮を忘れずに

無意識だったとしても、周囲が誤解してしまうことは多々あります。

一度気に入らなくなるとその人のあら探しをし始めてしまう女性もいますので、いまより少しだけ、相手の立場に立った行動を意識したほうがよいかもしれませんね。

(神伊里砂/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)