大好きな彼氏から、突然別れを告げられたことはありませんか?

あまりに突然だと、彼の気持ちも理由もわからないでしょう。

でも、別れを決心した男性も、相当覚悟して伝えたはずです。

そこで今回は、男性が「別れを考える瞬間」を3つご紹介します。

思いやりが大切!男性が「別れを考える瞬間」3つ

信用されてないと思ったとき

彼氏から「仕事が忙しくて」「先約があって」「友達と予定がある」などど言われたときに、「なんで私のために時間をつくってくれないの?」と、愛を疑う瞬間もあるかもしれません。

本当に仕事なんだろうか、まさかほかの女性と会っているんじゃ……と不安になってしまう気持ちも分かります。

ですが、その不安が彼に伝わり「あ、俺信用されていないんだな……」と思われてしまったらアウトかも。

今まで築いてきた2人の信頼関係が、一気に崩れてしまいます。

彼が好きなら疑わずに、きちんと信じてあげましょう。

なにを考えているのかわからなくなったとき

たとえばケンカをして彼女にひどいことを言われたり、悪いと思って謝っても許してもらえなかったり、そもそもなにに対して怒っているのかわからなかったり……。

このように彼女がなにを考えているのか分からなくなると、男性はただただ困惑してしまいます。

そしてそれが何回か続くと、付き合うことを面倒に感じてしまうのです。

ケンカをしてもお互いにしっかりと本心を伝え合うこと、そしてなるべく早めに素直に謝ることが長続きの秘訣でしょう。

束縛が窮屈に感じたとき

彼氏に、LINEの返信はすぐ返すように強要する、夜は絶対に2時間電話することを強制する。

また普段はGPSで見張っている、女性のいる飲み会に参加してはいけないなどあまりにも縛りが多いのは、いくら彼氏だからとはいえ、限度があります。

自分のプライベートな時間を大切にできなくなってしまったら、いくら彼女のことが好きでもうんざりしてしまうはず。

よい関係を維持するためにも、束縛や決めごとは2人が納得できる範囲にとどめておきましょう。

相手への思いやりが大切

恋愛にハマってしまうと、自分本位な考えになってしまいがち。

もしも心当たりがあったとしたら、改めて彼への振る舞いを考え直してみてください。

カップルなら、お互いにストレスが少ない関係が理想的なはず。

2人が、思いやりを大切にできると素敵ですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)