「愛嬌のある女性がモテる」とはいっても、どうしても笑顔でいたり明るく振る舞ったりするのに抵抗がある人もいるでしょう。

しかし、愛想がないからモテないというわけではないようです。

今回は、不愛想な女性に対する男性の本音をご紹介します。

笑顔が少ないのはダメ?無愛想な女性に対する男性の本音は…

笑顔を見たい

「ツンとしているかわいい子を見たら、なんとしてでも笑わせてやりたいと思いますね。燃えます」(27歳男性/広告)

「普段無愛想なんだけれど、自分だけには笑ってくれるのかな、とか変な妄想をしてしまいます」(28歳男性/マスコミ)

不愛想だからこそ、「笑わせたい」という気持ちになるという男性も。

自分にだけ向けてくれる笑顔を引き出したくなるのかもしれませんね。

自然な笑顔だからこそ、惹きつけるものがあるのでしょう。

不安になる

「ちょっと話しかけづらいですよね。話してもリアクションがないと、俺といても楽しくないのかなって思っちゃいます」(26歳男性/不動産)

「少しくらい笑ってくれてもいいのに……と思ってしまします。会話中、ずっと怖い顔だとアプローチしても意味がない気がします。むしろ不安……」(27歳男性/人事)

会話を楽しみたい男性からすると、どこか近寄り難い雰囲気を感じることもあるようです。

無理に笑顔を作る必要はありませんが、会話を楽しんでいるときはそれを態度で示すようにしましょう。

積極的に質問したり、軽くにこっとほほ笑んだりして、楽しい気持ちを表現できるといいですね。

信用できる

「誰にでも笑っている子を見ると、ああ、この子は誰にでもそういう態度を取るんだな、とちょっとうがった見方をしてしまいます。むしろ普段は無愛想な子のほうが、信用できますね」(30歳男性/メーカー)

「笑顔ってそんなに安売りするもんじゃないと思います。俺だけに笑ってくれればいいかなって。だから不愛想な子がちょっとしたときに見せる笑顔はツボです」(32歳男性/運送)

誰にでも笑顔で接する女性を見て「みんなに同じ態度をとってるんだろう」と感じる男性もいるのだとか。

そのため、少し愛想がないくらいが逆に信用できるという人も。

無理してみんなに笑顔を振りまく必要はないのかもしれませんね。

無理をする必要はなし!

男性は女性の笑顔が好き!といっても、必ずしもそうだとはかぎらないようです。

無理してひきつった笑顔でいる女性を見ると心配になるという男性も。

少し肩の力を抜いて、自然体でいるくらいがちょうどいいのかもしれません。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)