飲み会や合コンなどで、初対面だけど気になる男性が現れることもあるでしょう。

勇気がでないからといってなにもアプローチしないのはもったいないかもしれません。

今回は、初対面の男性にさりげなく好意を伝える方法をご紹介します。

簡単にできる♡初対面の男性にさりげなく好意を伝える方法

見つめてそらす

初対面の場では、視線で好意を匂わせることもできるようです。

正面から見るのは緊張するかもしれませんが、少し離れた場所からなら見つめられるのではないでしょうか。

彼のことを見たとき、彼の同じように視線を合わせてくれたら、一度そらします。

そのあともう一度彼を見たときの反応をチェックしてみましょう。

また同じように合わせてくれたら、相手に好意が伝わったと思ってもいいかもしれません。

避けられている感じがするときは、それ以上見つめるのは避けたほうがいいでしょう。

視線の動きで気持ちを伝え、そして察知することができるようですよ。

できるだけ近くに座る

複数人で集まったときには、座る位置が大切になってきます。

まったく近くに座れず、話せなかったときには距離を縮めるのはかなり難しいでしょう。

席替えのタイミングやお手洗いから戻ってきたタイミングで、同じ輪に入れる場所に座ってみてはいかがでしょうか。

周囲とお酒の力を借りつつ、会話を盛り上がるかもしれませんよ。

さりげなく二の腕に触れる

アアプローチの王道といえばボディタッチですが、これは初対面でも活用できるようです。

失敗してはいけないのが、触る場所。

脚を含む下半身は、性的な印象を与えるのでNG。

かといって肩や顔は恋愛対象として意識させられないことも。

アプローチに最適なのは、二の腕だそう。

後ろを通るときにさりげなく触れたり、笑ったときにつっこむように触れたりするのが自然でやりやすいかもしれません。

何気ない会話のなかでも、上手に取り入れていきましょう。

勇気を出してみよう!

さりげないアプローチは成功すればラッキーで、失敗してもなかったことにできるのが強みでしょう。

初対面だからといっておじけづくことなく、アプローチしてみてはいかがでしょうか。

後悔することにならないよう、勇気を出してみてくださいね。

(ハラ マキ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)