気になる彼ができても、自分からデートに誘うのは勇気が出ない……と思う方もいるのではないでしょうか。

しかしいつまでもそのままでは、進展せず終わってしまうことも。

今回は、奥手な女性でもできるデートの誘い方をご紹介します。

できることから試してみてくださいね。

工夫が大切♡奥手な女性でもできる「デートの誘い方」とは

相談に乗ってもらう前提で頼る

「相手が仕事関係の人だったので、仕事のことで相談があるといって食事に誘ったことがあります。

『デートではなくあくまで相談』という風に自分に言い聞かせることで、誘うことへのハードルが下がりました。それ以降、自然と誘いやすくなったように思います」(24歳女性/金融)

いきなり2人きりは難しい……!と思っても、「相談を聞いてもらう」という前提なら誘いやすくなるようです。

自分自身のデートに誘うマインドも変わってくるのだとか。

日ごろから相談に乗ってもらいやすいようなネタを探しておくと、いざというときに役に立つかもしれませんね。

彼の興味があることをきっかけにする

「気になる彼がたまたま美術館巡りが趣味だと聞き、私も興味があったので、思い切って開催中の個展に誘いました。彼の好きなものを理由にすれば、OKしてもらいやすいかなと思ったので。

何度かそんな感じで誘っていたら、『今度は俺がそっちの好きなものに付き合うよ』と言ってくれてすごくうれしかったです」(27歳女性/不動産)

デートに誘っても断られたときのことを思うと勇気が出ない人も多いはず。

彼の興味があるものをきっかけにお誘いすると、成功率が上がるようです。

彼が好きなものをリサーチしておけば、誘いやすくなるかもしれませんよ。

期間限定のイベントを口実にする

「期間限定で開催されているイベントに行きたかったので『このイベント○日までなんだけど、ほかに行ってくれる人がいなくて……。一人で行くのもなんだし、すごく行きたいから一緒にどうかな』と気になる彼を誘いました。

期間が決まっているので、日程を決める手間が少ないのも誘おうと思った決め手の一つでした。話題のイベントだったので、彼もノッてくれて無事デートまで発展。誘ってよかったです」(25歳女性/美容)

話題性のあるものや期間限定のものだと、誘いやすさがアップするようです。

日にちを決めやすいというのもいいポイント。

もし断られても「都合が合わなかっただけだ」と思えるので、まずは限定のイベントに誘ってみるといいかもしれません。

工夫すれば誘いやすくなる!

デートに誘う理由や、断られたときに納得できる状況を自ら作っておけば、誘いやすさが上がるようです。

「自分には無理」とあきらめるのではなく、工夫してみるのもいいでしょう。

できるものから試してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)