宇宙の果てから、長い時間、人間を見守ってきた星々。

パワーとメッセージを送り続けている星座は、本当の姿を映し出す鏡でもあります。

12星座別に、あなたが「本当に望んでいること」を占いました。

まずは、前編としておひつじ座(3/21~4/19)〜おとめ座(8/23~9/22)のご紹介です。

自分でも気がつかない願いが見つかるかもしれません。

【前編】女性の星座で占う!心の中に潜む「願望」とは…?

おひつじ座(3/21~4/19)

【堅実に働きたい】

やる気に満ちていて行動的な、おひつじ座。

しかし、せっかちでおっちょこちょいな一面も持ち合わせています。

本当の望みは「人の役に立って感謝されたい」、そして「安定した生活を送ること」です。

そのためには、やはり堅実に、真面目に働きたいと心の中では思っているかも。

おうし座(4/20~5/20)

【ネガティブな感情をなくしたい】

人に対して深読みするクセのある、おうし座。

疑心暗鬼になってしまったり、嫉妬してしまったりすることが、多いかもしれませんね。

表情には出さずとも、マイナスの感情に支配され、自己嫌悪に陥ってしまうことも……。

本当の望みは「ネガティブな感情をなくし、心から人を愛すること」でしょう。

ふたご座(5/21~6/21)

【大成功したい】

頭の回転が速く、いわゆる「仕事のデキる人」な、ふたご座。

ちょこちょこと成功体験を重ねているものの、それでは物足りないようです。

だれもが認める偉業を成し遂げたいと心の底では思っているかも。

「仕事で頂点に立ち、カリスマ性を発揮したい」というのが、本当の望みです。

かに座(6/22~7/22)

【大切な人との愛情を大事に】

「社会的な成功よりも、大切な人との愛情を大事にしたい」これが、かに座の本当の望みでしょう。

好きな異性への愛情も深く、家族愛も非常に強い傾向にあります。

家族を支えるため、社会で頑張っているものの……。

本当は、仕事もせずに家族と一緒にいたい、と思っているかもしれませんね。

しし座(7/23~8/22)

【パートナーと最期まで過ごす】

プライドの高い、しし座ですが、孤独に弱いという小心者な一面も持ち合わせています。

弱みを見せまいとしていますが、一人でいることの寂しさを誰よりも知っている人でもあります。

本当の望みは「頼れるパートナーと一緒に、人生の最期まで過ごすこと」でしょう。

年老いても仲良しの夫婦でいることが、生涯のゴールになっているかもしれませんね。

おとめ座(8/23~9/22)

【寛大になりたい】

完璧主義なおとめ座は、小さなことでムッとしたりして、ついつい他人に批判的になりがち。

そのため、周囲から頼られる反面、疎まれているのでは……という不安がつねに付き纏うでしょう。

「年齢を重ねるごとに、寛大な精神を身につけていきたい」というのが、本当の望みです。

その精神を養うため、さまざまな分野の人と交流したいと思っているかも。

新たな発見があるかも

もともとの性格や、今の環境に邪魔されて、本当の望みが遠くなってしまっている人も多いのではないでしょうか?

この占いを参考に、ご自身が目指したいものや望んでいるものを、再確認してみてくださいね。

もしかしたら、新たな長所や短所などが見つかるかもしれませんよ。

(明石実夕/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座の女性が本当に望んでいることとは…?